「パターンのエラーが多すぎます」から探す!IT製品・セミナー情報

「パターンのエラーが多すぎます」 に近い情報
「パターンの」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「パターンのエラーが多すぎます」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「パターンの」に関する特集



 前回第3回の記事では、ウェブアプリケーションの脆弱性対策のうち、「WAFで攻撃を防ぐ」について説明した。WAFは検出パターンに基づいて「悪いもの」を判定するため、検出パターンの仕組み上、防御できない攻撃がある。また、WAFはウェブサイトと利用者間の通信を機械的に判定するため、判定エラーが生じることもある。WAFを正しく使用するために、これらをきちんと理解する必要がある。 第4回目の本記事では、WAFを正しく使用するためのポイントとして、「WAFで防御できる攻撃、防御できない攻撃」と「WAFにおける判定エラー」の2つを紹介する。なお、これら2つのポイントはWAFの技術的な側面に基づくものであるため、これまでの3回の連載に比べて、少し技術的な内容となっている。


カテゴリ  WAF |




 前回は不正プログラムの増加傾向と、Webからの脅威の事例を紹介したが、今回はパターンマッチング方式の限界について解説する。セキュリティベンダが従来のパターンマッチング方式の限界を声高に謳うことに不安を感じるかもしれない。しかしながら、多くのインシデント対応を実際の現場で行ってきた我々は、ボットが台頭してきた2004年ごろから従来のパターンマッチング方式だけに頼った対応に限界を感じていた。パターンマッチング方式以外にどんな方式があるのか、また、パターンマッチングを補完する新しいセキュリティ技術はどのようなものなのかについては追ってご説明するが、まずは、なぜ従来のセキュリティ対策であるパターンマッチング方式だけでは昨今の脅威に対抗するのには限界があるのかについて説明したいと思う。 従来のセキュリティ対策として広く浸透しているパターンマッチング方式とは何かについて簡単に説明しよう。パターンマッチングとは、不正プログラム内の特徴的な部分を「パターン」として取り出してデータベース化しておき、それを検索対象のファイル内容と照合(マッチング)する方法のことだ(図1)。検索対象のファイルが同じコードを持っていた場合、そのファイルはウイルスであると特定する方式である。基本的には個別の不正プログラムとパターンは1対1の関係であり、不正プログラムとパターンの関係は指名手配犯と指名手配写真の関係によく例えられる。


カテゴリ  アンチウイルス |


「パターンの」に関するニュース



 株式会社東芝は、ビッグデータの収集/蓄積/分析までを一元的に提供するクラウドサービス「GridData Analytics Cloud」を発売した。「GridData Analytics Cloud」は、同社がオープンソースとして提供するビッグデータ向けスケールアウト型DB「GridDB」と、様々な分析パターン/ノウハウに基づく分析ツール、更にオ…


カテゴリ  データ分析ソリューション |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「パターンのエラーが多すぎます」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ