「パスポートリーダ スワイプタイプ」から探す!IT製品・セミナー情報

「パスポートリーダ スワイプタイプ」 に近い情報
「パスポート」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「パスポートリーダ スワイプタイプ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「パスポート」に関するIT製品情報

ASP・SaaSワークフロー アクションパスポート  2014/11/01


イーネットソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【月額費用】1〜50人…420円/人【初期費用】5万円※税別

カテゴリ  ワークフロー |

製品概要  現在使用している紙の書類をそのまま電子化し再利用することが可能なサービス。利用者の登録や承認経路の作成、組織変更なども専用ソフトで容易に可能。

オススメユーザー  既存の申請・承認業務をスムーズに電子化したい企業。システムを手軽に導入し、かつ管理なども外部へ一任したい企業。


「パスポート」に関する特集



 交通カードや決済カード、電子パスポートなどに使用されるICカード(スマートカード)は、今や世界中で利用されており、我々にとって身近な存在となっている。ところが2008年6月、ヨーロッパで約1700万枚発行されている「オイスターカード」で、電子回路等を特殊な手法で解析し複製した偽造カードが使用できることが、オランダの研究者によって英国ロンドンの地下鉄で実証された。このカードは、日本におけるスイカやパスモと外観が同一の非接触ICカードだが、なぜ上記のようなケースが起こり得たのだろうか。理由としては次のようなものが挙げられている。(もちろんスイカやパスモなどには、このような脆弱性は発見されていない。)


カテゴリ  暗号化 |




 2014年7月に米国旅行証明書を取得しようとしていた旅行者の方はよくご存知かもしれませんが、2014年7月19日、各国の米国領事館でデータベース・クラッシュが発生し、旅行証明書の発行ができなくなった為に、全世界で20万人を超えるビザ取得希望者が影響を受けました。この米国務省のセントラルパスポート/ビザシステムを破壊した原因は、簡単なソフトウェアのパッチでした。このシステムはデータのバックアップはされていたものの、システムはバックアップがされていなかったためリカバリに時間がかかり、ビザの発行手続きに大変遅れが生じました。


カテゴリ  バックアップツール | バックアップサービス


「パスポート」に関するニュース



 アルファノートは、低価格な免税書類発行アプリ「One Minute」のiOS版をリリースした。One Minuteは、タブレットとプリンタのみで免税処理の際の書類作成を行えるシステム。レシートとパスポートの情報をカメラで読み取り、消費者がサインをタブレットで書き込めば免税帳票を発行でき、迅速に処理を行える。購入誓…


カテゴリ  販売管理システム | その他スマートデバイス関連 | 特定業種向けシステム




 インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)は、飲食・小売業向けクラウド型モバイルPOS「POS+」で、パスポート読み取りから必要書類作成まで完結できる訪日外国人向けの免税対応機能をリリースした。POS+は、iPhoneやAndroid端末のスマートフォンやタブレットに対応したクラウド型POS。専用アプリをモバ…


カテゴリ  会計システム | その他スマートデバイス関連 | 特定業種向けシステム | OCRソフト



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「パスポートリーダ スワイプタイプ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ