「バラクーダネットワークスジャパン」から探す!IT製品・セミナー情報

「バラクーダネットワークスジャパン」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「バラクーダネットワークスジャパン」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「バラクーダネットワークスジャパン」に関するIT製品情報

Barracuda Message Archiver  2016/03/31


バラクーダネットワークスジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 50万5000円〜※税抜価格

カテゴリ  メールアーカイブ | 電子メール

製品概要  強力かつ効率的なメールアーカイブを実現するメールアーカイブソリューション。優れた検索機能を備え、必要な情報をすぐに取り出すことが可能。

オススメユーザー  コンプライアンス/企業リスクへの対策として、電子メールの保存・管理を確実かつ低コストに行いたい企業。


NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall)  2016/03/31


バラクーダネットワークスジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 【参考価格】NextGen Firewall F100: 23万円※税抜

カテゴリ  ファイアウォール | UTM

製品概要  UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。

オススメユーザー  複数拠点のインターネット接続を安全に行いたい企業。セキュリティ対策を確実かつ一元的に行いたい企業。


Email Security Gateway(旧 Spam Firewall PLUS)  2016/03/31


バラクーダネットワークスジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 75万5000円〜 (税別)

カテゴリ  メールセキュリティ | 電子メール

製品概要  迷惑メール・アンチスパム対策、ウイルス防御、メールによるDoS防止、暗号化、ファイル転送などの機能を組み合わせた統合型セキュリティソリューション。

オススメユーザー  Eメールを利用した攻撃を防ぎながら、ビジネスの継続性を確保できる包括的なEメールセキュリティソリューションをお探しの企業。


Barracuda SSL VPN  2016/03/31


バラクーダネットワークスジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 物理アプライアンス: 28万5000円〜仮想アプライアンス: 12万円〜※初年度保守費用込※価格は税別価格

カテゴリ  リモートアクセス | 認証 | アンチウイルス | ネットワーク管理

製品概要  外出先や出張先、在宅勤務など、社外・外部から内部ネットワークリソースへWebブラウザやスマートデバイスを利用してセキュアなアクセスを実現。

オススメユーザー  従業員の在宅勤務を検討している企業。スマートデバイスを利用して社内ネットワークにアクセスしたい企業。


Web Security Gateway(旧 Web Filter)  2016/03/31


バラクーダネットワークスジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 39万円〜※税抜価格

カテゴリ  フィルタリング | IPS

製品概要  コンテンツフィルタリング、アプリケーション防御、マルウェアプロテクションを1台で行える統合型ソリューション。

オススメユーザー  ユーザのインターネットアクセスを制御し、社内環境をマルウェア、ウイルスなど社外の脅威から確実に守りたい企業。


「バラクーダネットワークスジャパン」に関する特集



 最近、WordPressの脆弱性を突いた事件が多く発生しております。たとえば、2013年8月末に某Webホスティング事業者で、WordPressのプラグインやテーマの脆弱性を利用した改ざん事件(詳細はHASHコンサルティングの徳丸先生のブログ参照)。また、2013年7月に公表されたWordPressにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性(JVN25280162)など多岐にわたります。 現在オープンソースのCMSアプリケーションは非常に質が高く高機能なため、米New York Times紙のWebサイトを初め多くの商用サイトにも利用されています。しかし、高機能であるだけにアプリケーションのコードも肥大化し、脆弱性が生まれやすくなります。また利用者が誤ったインストールや設定をしてしまうことで、脆弱性を作ってしまう可能性があります。  2012年秋、日本を含め多くの大学がハッカー集団「Ghost Shell」に攻撃され、情報漏洩や改ざん事件があったのをご存知でしょうか?この被害に遭われた、とある大学の先生のご相談に乗る機会がありました。この大学ではWordPressのコンテンツが狙われたそうで、インストールしてから一度もアップデートをしていなかったとのこと。「失敗したな〜」と悔やんでおられました。  なお、大学も履修システムやE-Learningなど、Webアプリが企業以上に多数有り、先進的な大学はWAFをどんどん導入されています。 札幌学院大学様ではハッカー被害は受けていなかったものの、この事件を機にWAFを導入されました(事例)。研究室で構築される勝手サーバのセキュリティ向上、そしてオープンソースのセキュリティレベルの底上げとして利用されており、実際にWordPressに対する攻撃も検出されたとのことでした。 バラクーダネットワークスジャパンのWebサイトにも、弊社製WAFを導入していますが、存在しないはずのWordPressの管理URLに対してのアクセス痕跡があり、機械的に手当たり次第リクエストを投げていることが想定されます。このように、公開WebサイトからリンクされていないURL、秘密情報や管理者機能に直接アクセスする攻撃を「強制ブラウジング」といいます。


カテゴリ  WAF |


「バラクーダネットワークスジャパン」に関するニュース



 バラクーダネットワークスジャパンは、クラウド対応のファイアウォール「Barracuda NextGen Firewall F」シリーズで、バージョン7.0の提供を開始した。Barracuda NextGen Firewall Fシリーズは、クラウドベースのアプリケーションを利用している環境や、ネットワークを分散している環境、パブリッククラウドプラッ…


カテゴリ  ファイアウォール |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「バラクーダネットワークスジャパン」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ