「バックエンドストレージ」から探す!IT製品・セミナー情報

「バックエンドストレージ」 に近い情報
「バックエンド」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「バックエンドストレージ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ストレージとは?

「ストレージ」とは、パソコン内外でプログラムやデータを記憶する媒体と装置のこと。「HDD(ハードディスクドライブ)」や「テープストレージ」、「FDD(フロッピーディスクドライブ)」のような磁気メディアのほか、「記録型CD」や「記録型DVD」といった書き込み/書き換え可能な光学ディスクメディアにデータを読み書きする「光学ディスクドライブ」、「MOディスク」のような光磁気ディスクメディアにデータを読み書きする「光磁気ディスクドライブ」などがこれにあたる。主に磁気ストレージをネットワーク経由で利用可能とする「ネットワークストレージ」技術、製品、サービスが数多く登場しており、「NAS」「SAN」「ストレージ仮想化」「iSCSI」などがネットワークストレージに関連する。さらに、インターネットやクラウドを介してストレージを利用できる「オンラインストレージ/ファイルストレージ」サービスも、業務用に耐えられるセキュリティが確保されて多く提供されている。

「バックエンド」に関するIT製品情報

モバイルアプリ開発/運用プラットフォーム 『AppPot』  2017/02/10


NCデザイン&コンサルティング

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 【一括買取型】2万円/ユーザ、または100万円/コア (税別)【サブスクリプション型(月額)】1600円/ユーザ、または8万円/コア (税別)

カテゴリ  開発環境/BaaS | その他開発関連

製品概要  企業向けモバイルアプリ開発を支援するプラットフォーム。アプリごとのサーバーサイドの開発が不要になり、開発工数を30%〜70%削減できる。

オススメユーザー  企業向けモバイルアプリの開発工数やコストを削減したい企業。バックエンド機能の開発を省き、スピーディな進行を目指す企業。


「バックエンド」に関する特集



電力の小売り自由化を機に、さまざまな企業が独自サービスを開発、顧客囲い込みをねらっている。その中の1社であるKDDIは、移動体通信サービスauのユーザー基盤を生かし、「auでんき」サービスを提供している。このサービスのバックエンドに選んだのがAmazon Web Services(AWS)だったという。


カテゴリ  IaaS/PaaS | システムインテグレーション | EC


「バックエンド」に関するニュース



 電通国際情報サービス(ISID)は、スマートフォンやWeb向けのアプリケーションを開発・運用するためのバックエンド機能を提供するサービス(BaaS)「FACERE(ファケレ)」の提供を開始した。価格は初期費用が無料、月額が10万円(税別)〜。本サービスでは、ログイン認証や会員管理、データベース管理など、バック…


カテゴリ  開発環境/BaaS |




 エクセルソフトは、Realmのモバイル向け組み込みデータベース「Realm Mobile Database」とサーバ側との統合を提供する「Realm Mobile Platform」を8月3日に発売した。今回発売した「Realm Mobile Platform」は、リアクティブなモバイルアプリの開発を支援するバックエンドシステムだ。iOSとAndroidの両方に対応し…


カテゴリ  データベースソフト | その他スマートデバイス関連 | その他開発関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「バックエンドストレージ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ