「バックアップデータ マイナンバー 7年」から探す!IT製品・セミナー情報

「バックアップデータ マイナンバー 7年」 に近い情報
「マイナンバー 7年」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「バックアップデータ マイナンバー 7年」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリ(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「マイナンバー 7年」に関する特集



 マイナンバーの「利用」と聞くと、何か便利なことでもありそうな気がしてきますが、残念ながらそれは単に気のせいです。マイナンバーは行政機関が名寄せに使うためのものです。マイナンバーの利用とは、行政機関が名寄せできるように、行政機関が定める帳票にマイナンバーを記入して、行政機関に届け出る業務プロセスを指すに過ぎません。 マイナンバーの利用が許されるのは社会保障と税に関する業務だけですから、ここでいう行政機関とは厚生労働省と国税庁ということになります。広報資料「マイナンバー 社会保障・税番号制度 民間事業者の対応(平成27年5月版)」を見てみましょう。10〜15ページには国税関係の情報が、16〜22ページには厚生労働省関係の情報が掲載されています。ここにマイナンバーに関係する帳票が列記されています。


カテゴリ   |




 これまで連載してまいりました、マイナンバーに対応した機器処分についてのお話も今回が最後となります。前回の機器廃棄時のデータ漏洩事例はお読みいただけたでしょうか?6、7年前の出来事とはいえ、現在も同様のリスクを抱えている企業様は少なくないのではないかと考えております。マイナンバー制度の施行を契機に、改めて自社の機器処分及びデータ消去の在り方を再考いただくことが賢明です。


カテゴリ  その他物理セキュリティ関連 |


「マイナンバー 7年」に関するニュース



 ティービーは、PCソフト「給与印刷 10」の簡易パッケージ版を11月25日に発売する。オープン価格。2017年1月提出用の源泉徴収票や支払調書に対応する。本製品は、発売済のダウンロード版「給与印刷 10」に最新フォームを追加し簡易パッケージにしたもの。給与や賞与明細書、賃金台帳をはじめ、マイナンバー対応の…


カテゴリ  人事管理システム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「バックアップデータ マイナンバー 7年」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ