「バックアップテープ 種類」に近い情報
「種類」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「種類」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリー(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディーに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリーの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリーしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリーされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリーされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「種類」に関する記事情報

比較表で分かるビジネスチャット、何をどう選んで使うかが勝負【無料版あり】

仕事で使っても問題ないチャットツール、たくさん種類はあるが、何がどう違うのか。機能一覧、ライセンス、製品の特徴を一気にチェックする。

帳票の利用状況(2018年)/前編

キーマンズネット会員300人を対象にアンケート調査を実施した。種類や形式、紙で保管する理由など帳票の利用実態が明らかになった。

企業におけるデータ利活用の実態(2017年)/後編

キーマンズネット会員293人にアンケート調査を実施した。活用中または今後活用したいデータの種類やデータ活用支援ツールの導入状況など実態が明らかになった。

退職者のPCをフォーマットしてはならない、自社を守るバックアップ製品の選び方

自社を訴訟リスクから守るバックアップ製品やアーカイブ製品にはどんな種類があるだろうか。リスクの種類や製品ごとの特性の違いから、選び方を見ていく。

文書管理ツールの導入状況(2017年)/前編

キーマンズネット会員327人を対象にアンケート調査を実施した。文書管理ツールの導入状況や管理する文書の種類など実態が明らかになった。

機械学習ツールやサービスの種類と使いどころを整理する

「AI」「機械学習」「深層学習」などが注目を集めるが、用語が乱立しており、違いや使い方が分かりにくい。しかし、チャレンジすれば大きなメリットが生まれる可能性もある。

無料発行も可能、3種類のSSLサーバ証明書の使い分けは?

SSLサーバ証明書の価値が変化している。もはや「クレジットカードの入力フォームを備えたWebページで使うもの」だけではない。

多種多様なコラボレーションツールの選定時に確認すべき3点

種類も目的も多様なコラボレーションツールの中から自社業務に最適なものを選んで導入するのは大変だ。ここだけは押さえたい「導入前に確認したいポイント」をまとめた。

SIer不要論、情シス飛ばし、超高速開発ツール選びの分岐点

一見すると同じように見える「超高速開発ツール」、開発するアプリケーションの種類によっても選択肢が異なる。「SIer不要論」「情シス飛ばし」の状況を打破する、超高速開発ツール選択の勘所を徹底解説する。

笑顔じゃないと「出禁」になる? クラウド型勤怠管理ツールの選び方

多様な労働形態に対応し、勤務状況をリアルタイムに把握する勤怠管理ツールも種類が豊富だ。導入済みの勤怠管理ツールを更新するかリプレースするか、はたまた新規導入か使い分けか。ツールの選定ポイントを紹介する。

「種類」に関するIT製品情報

クライアント管理ソフト ManageEngine Desktop Central

ゾーホージャパン株式会社

対応可能なソフトウェアは200種類以上。パッチ適用業務を自動化

サイバー脅威インテリジェンス入門:種類別特徴と効果

ファイア・アイ株式会社

セキュリティの向上には、脅威情報の活用が欠かせない。中でも有用と目されるのがサイバー脅威インテリジェンス(CTI)だが、ベンダーごとの定義にいまだブレが残る。そこで真に役立つCTIを見極めるための要件を解説する。

CVR3倍の実例も――AI活用で迅速かつ的確な行動予測・分析が可能に

Appier Japan 株式会社

急増する自社のデータをマーケティングに生かしたいものの、必要なデータの種類や分析方法に悩む企業は多い。そこで有効なのがAIを利用したデータ分析予測プラットフォームだ。複雑かつ膨大なデータから簡単な操作で予測分析できる。

IoTで難易度増すデータ分析、金融業の課題に見るリアルタイム分析成功の秘訣

株式会社ネットワールド

企業が取り扱うデータの種類はさらに多様化、急増している。さらにはIoTが増加し、多くのデータソースがオンラインにある状況では、データ分析のハードルは上がる一方だ。この状況でリアルタイムにデータを分析するために必要なものとは?

クライアント操作ログ管理 「MylogStar(マイログスター)」

株式会社ラネクシー

業界トップクラス! クライアント操作15種類の情報を取得

「種類」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。