「バックアップ 課題」から探す!IT製品・セミナー情報

「バックアップ 課題」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「バックアップ 課題」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリ(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「バックアップ 課題」に関するIT製品情報

バックアップ専用ストレージ Data Domain  2014/12/31


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  バックアップツール | NAS | テープバックアップ

製品概要  優れた重複排除機能により、バックアップデータを従来の最大平均30分の1(仮想環境では最大平均50分の1)に削減。ストレージ使用量の縮小、バックアップ時間短縮を実現。

オススメユーザー  容量不足、時間やコストの軽減、確実なリストアなど、バックアップに関する課題を持つ企業。DRサイトを構築したい企業など。


Dot Hill 4000シリーズ  2012/09/28


ドットヒルシステムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 Dot Hill 4730:275万円〜Dot Hill 4720:276万4000円〜Dot Hill 4530:249万4000円〜Dot Hill 4520:250万8000円〜※すべて税別

カテゴリ  SAN | オンラインストレージ/ファイルストレージ | バックアップツール | テープバックアップ | サーバー管理

製品概要  映像・動画などのデジタルコンテンツの処理に特化した超高速ストレージ。低価格で柔軟な構成が実現できる。

オススメユーザー  映像・動画などのデジタルコンテンツを扱う映像配信/映像制作会社。デジタルコンテンツの保存や編集に課題を抱えている企業。


ZETA Cloud  2014/08/15


エヌシーアイ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■ZETA Cloud Private初期:10万円 月額:8万5000円〜■ZETA Cloud Backup初期:5万円 月額:1万5000円(100GB)〜※税別

カテゴリ  プライベートクラウド | バックアップツール | データセンター運用 | サーバー管理 | 統合運用管理

製品概要  ビジネス規模に合わせた最適なシステム構成での運用を可能にするハイブリッド完全対応のプライベートクラウド。

オススメユーザー  システム環境のクラウド化を検討、もしくは検討にあたり運用面の課題を抱えている企業や、BCP/DR対策を検討している企業。


「バックアップ 課題」に関する特集



バックアップの効率化は、システム管理者にとって大きな課題。システム環境の把握や要件を明確化、保存方針の決定など、バックアップツール導入までのプロセスと製品選びに欠かせないポイントを徹底紹介します!


カテゴリ  バックアップツール |




近年「バックアップ時間の増加」や「物理環境と仮想環境が混在した時のバックアップ運用の困難さ」といった課題が浮き彫りに…。仮想マシンの増加や移行時に注意するポイントは?実際にあったトラブル事例も紹介。


カテゴリ  バックアップツール |




 サーバのバックアップには、D2T(ディスクトゥテープ)、 D2D(ディスクトゥディスク)など様々なシステムがありますが、東日本大震災以降、バックアップに対する関心が高まり、バックアップからデータを復旧する際には、いかに事業継続を迅速に対応できる仕組みを導入するかが焦点の1つとなっています。特に中堅企業のユーザの関心は、オンサイトによるバックアップデータの保存に留まらず、有事の際を備えてバックアップデータを“遠隔化保存”することで、データを安全に確保することに関心を集めています。


カテゴリ  バックアップツール | バックアップサービス



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「バックアップ 課題」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ