「ネットワークトラフィック量」から探す!IT製品・セミナー情報

「ネットワークトラフィック量」 に近い情報
「ネットワークトラフィック」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ネットワークトラフィック量」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ネットワークトラフィック」に関するIT製品情報

ネットワークトラフィック監視・分析・振る舞い検知 Flowmon  2016/08/31


オリゾンシステムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  ユーザ及びアプリケーション単位でのトラフィック監視・分析、ユーザの通信ログ保持、振る舞い検知など、フローベース分析を低コストですぐに実現できる。

オススメユーザー  低コストでフローベースのネットワークトラフィック監視・分析を実現したい企業。ログ保持やセキュリティ監視を強化したい企業。


次世代ファイアウォール 『Dell SonicWALLシリーズ』  2013/11/01


デル

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ファイアウォール | IPS | WAF | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  ファイアウォール、VPN、ゲートウェイアンチウイルス、アンチスパイウェア、IPS、コンテンツフィルタリング機能などを1台に統合したセキュリティアプライアンス。

オススメユーザー  ネットワークトラフィックに関するセキュリティやデータ保護を強化したい企業。複雑化したセキュリティ対策を一本化したい企業。


Dell Networking 『Data Center ソリューション』  2014/02/17


デル

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ネットワークスイッチ | SDN | WAN高速化 | その他データセンター関連

製品概要  高密度シャーシからディストリビューテッド・コア、1Uサイズのトップオブラック(ToR)まで、10/40GbE対応の高性能スイッチ・ソリューション製品を多彩にラインナップ。

オススメユーザー  仮想化データセンタ環境やクラウドコンピューティング環境を有する企業。ネットワーク・トラフィックを最適化したい企業。


LoadMaster(ロードマスター)シリーズ  2012/07/15


OPENスクエア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 【LM-2200】46万円【LM-2600】129万円【LM-3600】199万円【LM-5300】299万円※すべて税別

カテゴリ  ADC/ロードバランサ | SDN | WAN高速化 | サーバー管理 | ネットワーク管理 | パフォーマンス診断

製品概要  優れたネットワークトラフィック管理機能を備えながら、低コストでの導入を実現するロードバランサシリーズ。スモール・ビジネスからエンタープライズまで対応。

オススメユーザー  限られた予算の中で高機能なロードバランサを導入し、ネットワーク上のサービスを安定して提供したい企業。


「ネットワークトラフィック」に関する特集



VDI環境へ移行する際には、ネットワークトラフィックに変化が生じるのではないかという懸念もともなう。実際にはどれほどの違いが出てくるのか?また、ネットワーク設計の考え方なども変わってくるのだろうか?


カテゴリ  VDI | ADC/ロードバランサ | WAN高速化




 中小企業にとっても、今や導入が当たり前のものとなったエンドポイントのセキュリティ対策と比較して、優先順位があまり上がってこなかったのがゲートウェイにおける防御だろう。そもそも社内にメールサーバやWebのプロキシサーバを設置していない環境が中小企業では多いかもしれない。ただ、インターネットがビジネスを遂行する上で必要不可欠なインフラになった現代においては、インターネットと社内ネットワークをつなぐ出入口にファイアウォールを設置するなど、不正アクセス対策は定番化している。しかし、ゲートウェイで不正プログラムやスパムメールを防御するという考え方は、数年前までは多くのクライアントPCを抱え巨大なネットワークを構成する大規模企業に限られたものであった。その理由としては、ゲートウェイセキュリティ専用のサーバを構築し、専用ソフトを運用しなければならないという初期投資と運用コストの大きさが挙げられる。また、わざわざゲートウェイで防御せずとも、クライアント側での対策が万全であれば大丈夫だろうという考え方も浸透していた。 しかし、2000年代初頭から発生したスパムメールの大量の流通により、企業においても社内ネットワークトラフィックの逼迫などの悪影響が懸念されてきた。また、就業時間内に社員が業務に関係のないWebサイトを閲覧し、業務効率が低下するという負の側面がクローズアップされ始めたのも同じ頃である。


カテゴリ  UTM |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ネットワークトラフィック量」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ