「ネットワークスイッチ マーケットシェア 2015 データセンタ CISCO」から探す!IT製品・セミナー情報

「ネットワークスイッチ マーケットシェア 2015 データセンタ CISCO」 に近い情報
「ネットワークスイッチ 2015 CISCO」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ネットワークスイッチ マーケットシェア 2015 データセンタ CISCO」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ネットワークスイッチとは?

スイッチにはレイヤ2スイッチとレイヤ3スイッチがある。レイヤ2スイッチは、OSI参照モデルのレイヤ2(L2:データリンク層)において、ネットワークに接続された機器同士の通信を中継する役目を担う装置のことでスイッチングハブともいわれている。レイヤ3スイッチは、スイッチングハブにルータ機能を組み合わせ、高速なルーティングが実現できるように作られた装置である。

「ネットワークスイッチ 2015 CISCO」に関する特集



 シスコシステムズは2016年4月6日、中小企業向け製品ラインアップ「Cisco Start」シリーズの第2弾として、クラウドを活用したセキュリティサービスなどを追加した。同日から導入キャンペーンを開始、日本各地の販売パートナーと顧客をオンラインでマッチングするマーケットプレースも開設する。 Cisco Startは、2015年にシスコが日本市場向けに打ち出した従業員数25人から100人程度の中小企業向けに中小企業向け製品ラインアップ。ルーター、スイッチ、ファイアウオール、ワイヤレス機器などがあり、ダッシュボードやGUI管理画面から簡単に扱える点が特徴だ(「100人以下の中小企業、シスコの新ブランド「Cisco Start」の狙い」参照)。 シスコシステムズ 専務執行役員 パートナー事業統括 高橋慎介氏は「シスコ製品は大企業のもの、技術資格保有者がメンテナンスするものという従来のイメージを払拭する、低価格でエンドユーザーが使いやすいインターフェースを備えた」と製品の特徴をあらためて説明した。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | 無線LAN | ルーター | LAN構築 | ネットワークスイッチ



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ネットワークスイッチ マーケットシェア 2015 データセンタ CISCO」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ