「ネットワーク 監視 ソフト 比較」から探す!IT製品・セミナー情報

「ネットワーク 監視 ソフト 比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ネットワーク 監視 ソフト 比較」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ネットワーク 監視 ソフト 比較」に関するIT製品情報

サーバ・ネットワーク監視ソフト X-MON  2015/09/07


エクストランス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 9万8000円(10ノード版)〜※税抜

カテゴリ  サーバー管理 | ネットワーク管理 | パフォーマンス診断 | オープンソース

製品概要  ハードウェアの死活や各種サービス、ホストリソース、トラフィックなどを監視するサーバ・ネットワーク監視ソフト。データセンターやクラウドサービスも一元監視できる。

オススメユーザー  高パフォーマンスな監視ソフトを低コストで導入したい企業。データセンターやクラウドサービスも一元監視したい企業。


Hexa  2014/09/01


クラウド・スコープ・テクノロジーズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ネットワーク管理 | アクセスポイント | その他ネットワーク関連 | IP-VPN | データ分析ソリューション | 統合ログ管理

製品概要  パスを可視化して視覚的な管理・監視・分析を実現するMPLSネットワーク監視ソリューション。リアルタイムなパスイベントの監視や原因と影響範囲の特定などが行える。

オススメユーザー  MPLSネットワークの管理・監視・分析を効率化・省力化したい企業やネットワークサービスプロバイダ、データセンタ事業者。


ネットワーク監視・分析ツール 「ASTEC Eyes on the net」  2014/04/01


アールワークス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ASTEC Eyes 基本パッケージ:19万8000円 (税別)

カテゴリ  ネットワーク管理 | データ分析ソリューション

製品概要  ネットワーク状況をリアルタイムに視覚化できるネットワーク監視・分析ツール。基本にプラスしてリモート監視やVoIPの音声品質測定・音声再生機能を追加できるパッケージ。

オススメユーザー  ネットワーク状況の把握が容易で、障害原因の特定と解決が迅速にできる操作性に優れた管理ツールをお探しのネットワーク管理者。


ネットワーク監視ソフトウェア SNMPc  2015/01/01


ロジックベイン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 【エンタープライズ版】 -- 119万8000円(税別)※価格は固定(ノード数増加に無関係!)

カテゴリ  ネットワーク管理 |

製品概要  トラブル発生時、どの機器に問題があるかを詳細に通知するネットワーク監視マネージャ。高機能ネットワーク監視ツールと比較して低予算で導入可能。IPv6アドレスにも対応。

オススメユーザー  大規模ネットワーク管理の運用コストを大幅に削減したい、簡単な操作で迅速にトラブル対応を行いたいという企業。


ネットワークパフォーマンス監視 Pluribus Insight Analytics  2017/08/01


Pluribus Networks

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  ネットワーク管理 |

製品概要  ネットワークパフォーマンス監視・分析ソリューション。従来のネットワーク分析監視ソリューションに比べ、低コストでの導入が可能。

オススメユーザー  高額なコストや運用負荷をかけることなく、自社ネットワークの安定化や障害回避を実現したい企業。


「ネットワーク 監視 ソフト 比較」に関する特集



 前回は標的型攻撃に悪用されるマルウェアについて解説した。一般的な標的型メールを利用した攻撃では、トロイの木馬が悪用される。ほとんどのものが既知のマルウェアであるが、攻撃者によりウイルス対策ソフトウェアでは検出されないよう巧妙に作成されている。この傾向は、標的型攻撃に限らず、マルウェア全般に言える傾向かもしれない。このことは、私たちユーザ個人がマルウェア感染に気付く術がほとんどないことを示している。 そのような中、近年注目されているのが、第2のセキュリティ対策製品である。端末へインストールするタイプのものでは、脆弱性の悪用を未然に検出する製品や、DLP(Data Loss Prevention:情報漏洩防止対策)、暗号化製品が注目されているようだ。また、ネットワーク上に設置するものでは、アプリケーション層の監視を得意としたものや、実行ファイルの挙動をチェックするものなどが注目されている。いずれも単体での有効性では限界があるかもしれないが、従来のセキュリティ対策と異なる視点での監視ができるため、上手く長所を組み合わせることでのセキュリティ補強は期待できそうだ。そこで、本稿では今時のマルウェアに感染した際に発生する通信とその検出方法について解説していこう。


カテゴリ  IPS |




 ウイルスをはじめとした不正プログラムから身を守るために、各企業でこれまで様々な対策を行ってきていることだろう。不正プログラムから身を守る対策として真っ先に思いつくのは、クライアントPCやゲートウェイにウイルス対策ソフトを導入する方法ではないだろうか。しかし、先の連載でも触れているとおり、近年はウイルス対策ソフトのパターンファイルだけでは見つけられない「未知の脅威」と呼ばれる新種の不正プログラムが急増している。セキュリティ対策に多額の投資を行い、各種対策製品を導入していたとしても、不正プログラム感染を完全に防ぐことは難しく、実際に被害にあうケースもあとをたたない。 それでは、企業が行っているセキュリティ対策は無駄だったのだろうか?もちろん、既存のウイルス対策ソフトを適切に運用することは基本であり、多くの不正プログラムの感染によるリスクを低減するために有効である。しかしながら、今日の多様化する脅威に対抗するためには、単にウイルス対策ソフトを導入して企業が独自に運用するだけでなく、脅威の変化に合わせて自社のシステム全体の運用に柔軟性を持たせ、また、セキュリティ対策の技術も最新に変化させていかなければならない。 本連載では、単に製品を導入するだけでなく、企業のセキュリティレベルを向上させるうえで重要な“PDCA”サイクルについて考えたい。また、「未知の脅威」に対抗する手段として今最も有効だと考えられる、ネットワーク上での不正プログラムの挙動監視、いわゆる、「ふるまい検知」の最新技術を紹介したい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「ネットワーク 監視 ソフト 比較」に関するニュース



 システムズ ゴーは3月1日、企業や組織内のネットワークインフラの運用管理を包括的に支援するマネージドサービス「systemsGo ASSURED」の提供を開始した。本サービスでは、コンピュータやネットワーク、ソフトウェアの遠隔監視や異常検知時の自動アラート通知を実施。システムの稼働を安定化するとともに、問題の…


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング |




 ゾーホージャパンは12月11日、Active Directory(AD)のログ監視と監査レポート作成に特化したソフトウェア「ManageEngine ADAudit Plus」の新版「ビルド5050」をリリースした。ADAudit Plusは、Webベースのソフトウェアで、ADが出力したログを視覚的なレポート形式で表示でき、ログの分析や解析にかかる工数の削減…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | ID管理 | 統合ログ管理




 ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は、サイバー攻撃を想定した社内体制の構築を支援する「CSIRT構築支援サービス」の提供を開始する。侵入後に迅速に対応し、経営リスクを抑えることを可能にする。本サービスは、社内でセキュリティ上の問題を監視し、問題発生時に原因解析や影響範囲の調査を行う組織「CSIRT(C…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | システムコンサルティング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ネットワーク 監視 ソフト 比較」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ