「ナレッジマネジメント 活用 企業」から探す!IT製品・セミナー情報

「ナレッジマネジメント 活用 企業」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ナレッジマネジメント 活用 企業」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ナレッジマネジメントとは?

ナレッジマネジメントとは、個々の従業員が持つ暗黙知や企業内に散在する様々な情報を全社レベルで共有し、売上や利益の向上に結び付けようするマネジメント手法のこと。ナレッジマネジメント実現のためにはITの活用が必要不可欠だが、専用ツールの他、文書管理ツールやグループウェアの一機能として提供されている場合もある。

「ナレッジマネジメント 活用 企業」に関するIT製品情報

エンタープライズコンテンツ管理(ECM) Vitals ESP  2016/08/26


ギャラクシーソフトウェアサービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●Vitals ESP サーバライセンス 250万円〜●Vitals/KM サーバライセンス 250万円〜●Vitals ESP-JCI 700万円※いずれも税別

カテゴリ  ナレッジマネジメント | 社内SNS | 文書管理

製品概要  企業内コンテンツを管理、同期できるエンタープライズコンテンツ管理(ECM)プラットフォーム。ナレッジマネジメント、病院評価管理システムなども併せて提供。

オススメユーザー  蓄積されたデータの活用を促進したい企業。知的財産の蓄積、コミュニケーション活性化、技術情報の共有などを行いたい企業。


Cincom ECM  2014/10/01


シンコム・システムズ・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 90万円〜(サブスクリプション/税別)

カテゴリ  ナレッジマネジメント | ファイル共有 | 文書管理

製品概要  企業内のあらゆるコンテンツを統合的に管理し、検索・共有などの利便性を高めることで、企業内のコンテンツ活用を促進し生産性向上に貢献するソリューション。

オススメユーザー  企業競争力向上を目的として、企業内の多様な文書やデータといったコンテンツを適切に管理し、業務や意思決定に活用したい企業。


ABook Biz  2015/09/07


エージェンテック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 SaaS利用価格初期費用 5000円〜月額利用料 1500円〜(5台まで)※税別

カテゴリ  ナレッジマネジメント | MDM

製品概要  マルチデバイスを活用した情報共有、営業支援、ペーパーレス会議など、様々なビジネスシーンにおいてコンテンツの管理・配信をするためのプラットフォーム。

オススメユーザー  タブレットやスマートフォンの活用で業務改革を推進したい企業。社内の各種資料やカタログ等の共有・活用をより促進したい企業。


desknet's CAMS(デスクネッツ キャムス)  2014/04/01


ネオジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 5ユーザ 15万円(税別)〜

カテゴリ  CRM | SFA | ナレッジマネジメント | メールアーカイブ | 統合ログ管理

製品概要  企業と顧客の良質な関係を支援する顧客対応・管理システム。メールや電話の対応を一元管理し、重複対応や返信漏れを防ぐ。また蓄積したナレッジ情報の活用に貢献する。

オススメユーザー  代表メールや電話の問い合わせ情報を共有し活用したい企業。質の高い顧客サポート体制の確立、ECサイトの成功などを望む企業。


WebFOCUS  2014/10/08


アシスト

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 最小構成:(25ユーザ)142万円〜(税別)

カテゴリ  BI | リモートアクセス | ワークフロー | ナレッジマネジメント | 統合ログ管理 | 開発ツール

製品概要  現場のビジネスユーザから経営者、顧客やパートナーまで、あらゆる人がいつでも、どこでも、必要な情報をリアルタイムに活用できる“オペレーショナルBI”を実現。

オススメユーザー  操作性、コストがネックとなり、全社的な情報活用がなかなか進まない企業。既存のBIツールに課題を抱える企業。


「ナレッジマネジメント 活用 企業」に関する特集



企業のソーシャル活用で注目されているのは、「顧客・消費者との関係構築」「企業内外での情報共有」だが、現在はどのような状況にあり、どんな課題に直面しているのか。野村総合研究所の亀津敦氏にお話を伺った。


カテゴリ  社内SNS | ナレッジマネジメント




ビジネス利用を想定しつつ、個人単位での無料登録が行え、仕事相手との関係構築やコラボレーションに活用できるSNSがいくつか登場している。そうしたサービスは個人から企業全体へ波及していく存在になりうるのか?


カテゴリ  社内SNS | ナレッジマネジメント



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ナレッジマネジメント 活用 企業」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ