「トレンドマイクロ 瀬戸 弘和」から探す!IT製品・セミナー情報

「トレンドマイクロ 瀬戸 弘和」 に近い情報
「トレンドマイクロ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「トレンドマイクロ 瀬戸 弘和」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「トレンドマイクロ」に関するIT製品情報

ウイルスバスター コーポレートエディション  2014/03/15


トレンドマイクロ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 新規購入料金:9550円(1ライセンスあたり/Aランク/税別)※新規最低購入数量:5クライアントより

カテゴリ  アンチウイルス | UTM | フィルタリング | 認証 | 統合運用管理

製品概要  クライアントPCなどエンドポイントのセキュリティを、ネットワーク/システムにかかる負荷を抑えながら、より強固なものにするセキュリティソリューション。

オススメユーザー  大規模ネットワーク環境や物理/仮想混在環境を効率よく運用管理し、エンドポイントのセキュリティを強化したい企業。


ウイルスバスター ビジネスセキュリティ  2014/03/15


トレンドマイクロ

企業規模  中小企業・SOHO 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 新規購入料金 :6900円(1ライセンスあたり/Aランク/税別)※新規最低購入数量:5クライアントより

カテゴリ  アンチウイルス | UTM | フィルタリング | 認証 | 統合運用管理

製品概要  クライアント/サーバのセキュリティ対策を、1本で総括的に実施できるソフトウェア。CPU、ネットワークの負荷を抑えながら、手軽に効果的なセキュリティ対策が可能。

オススメユーザー  社内のPCやサーバのセキュリティを手軽に強化したい企業。WindowsやMacの混在環境を効率よく一元管理したい企業。


Trend Micro Deep Security  2012/07/31


トレンドマイクロ

企業規模  大企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 Deep Security Virtual Patch:12万5300円〜/サーバDeep Security Virtual Appliance Anti Virus:16万円〜/CPU※税別

カテゴリ  UTM | ファイアウォール | アンチウイルス | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  物理サーバにはエージェント型、仮想化環境には仮想アプライアンスによるウイルス対策や脆弱性対策(仮想パッチ)を提供する統合型サーバセキュリティソリューション。

オススメユーザー  物理サーバや仮想環境下のOSやWebアプリケーションの脆弱性対策を強化したい企業。VDI環境におけるウイルス対策を行いたい企業。


「トレンドマイクロ」に関するセミナー情報

Office 365×セキュリティ Microsoft Intune×MDM

ソノリテ


開催日

 3月24日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  MDM | その他ネットワークセキュリティ関連

概要  【概要】約2億円1000万円――これは2016年9月にトレンドマイクロ社が発表した、2015年のセキュリティ事故発生時被害平均額です。 この額は2014年に比べ…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用


事例で学ぶクラウド移行、担当者が絶対に知るべき2つのポイント

ソフトバンク/トレンドマイクロ


開催日

 2月24日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  サーバー仮想化 | ファイルサーバ | ストレージ仮想化

概要  「ホワイトクラウド ASPIRE」は既存のオンプレミスのシステム移行を可能にするネットワークと仮想基盤が特長のパブリッククラウドサービスです。オンプレミスのシス…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


「トレンドマイクロ」に関する特集



トレンドマイクロが「2017年セキュリティ脅威予測」を発表しました。国内外で発生する可能性がある脅威動向をまとめたものです。


カテゴリ  アンチウイルス |




トレンドマイクロが「企業におけるランサムウェア実態調査2016」を発表しました。暗号化されてしまった被害者の6割が身代金を支払ったそうです。


カテゴリ  アンチウイルス | IPS




ランサムウェアの被害件数が過去最大といえるレベルまで拡大しています。トレンドマイクロによれば、2016年1〜6月における日本での被害報告件数は1740件で、これは前年同期比の7倍という数字です。


カテゴリ  メールセキュリティ | アンチウイルス


「トレンドマイクロ」に関するニュース



 トレンドマイクロは、企業向け総合セキュリティソフトの新バージョン「ウイルスバスター コーポレートエディション XG」の提供を2017年1月下旬(予定)に開始する。従来の技術と人工知能(AI)技術を組み合わせることで、パフォーマンスを高め誤/過検出を低下しながらサイバー攻撃を防ぐ。本ソフトは、AI技術によ…


カテゴリ  アンチウイルス | その他ネットワークセキュリティ関連




 エレコムは、情報漏えい対策やウイルス対策に適したセキュリティUSBメモリ3製品に64GB/128GBモデルを追加し、10月下旬に発売する。3製品のうちウイルス対策機能を持つ2製品は、「MF-PUVT3xxGA(M)」シリーズがトレンドマイクロ製「TMUSB2.1」を、「HUD-PUVM3xxGA(M)」シリーズがマカフィー製ウイルススキャンエ…


カテゴリ  アンチウイルス | メモリ | 暗号化 | 認証




 トレンドマイクロは、クラウドサービス「Office 365」のメールシステムのセキュリティ強化を目的に、クラウドアプリケーション向けセキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security(CAS)」を国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)が導入したと発表した。産総研では、2015年夏ごろから、全国に勤務…


カテゴリ  メールセキュリティ |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「トレンドマイクロ 瀬戸 弘和」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ