「データ分析 ソフトウェア」から探す!IT製品・セミナー情報

「データ分析 ソフトウェア」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「データ分析 ソフトウェア」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説データ分析とは?

データ分析とは、企業内に散在する各種ビジネスデータや、Twitter/Facebookなどのソーシャルメディア、さらにはセンサーデータを対象にデータ探索/分析を行い、ビジネス上の課題解決に繋がるヒントや新たなビジネスパターンを発見しようという考え方。精度の高いデータ分析を行うことで、業績の拡大や新しいビジネスモデルの構築を実現することが可能となる。データ分析を実現するためのITソリューションとしては、各種の業務システムから必要なデータを抽出/変換/格納するための「ETLツール」や、収集したデータを時系列に沿って上書きすることなく蓄積していくための「データウェアハウス」、データを分析するための「BIツール」や「BAツール」、各種ソーシャルメディア上の自由な発言から企業活動に意味のある情報を抽出し、分析するための「ソーシャルメディア分析ツール」などが挙げられる。

「データ分析 ソフトウェア」に関するIT製品情報

LozioMAF  2016/01/01


ZEKKO

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  データ分析ソリューション | ビッグデータ | DWH | その他データ分析関連

製品概要  ビッグデータ/IoTの様々な構造化・半構造化・非構造化データを仮想化により統合。課題解決のための仮説・検証プロセスを効率化、データディスカバリー型データ分析を支援。

オススメユーザー  データ指向経営を実践し経営の活性化を図りたい企業。製造(調達→生産→物流)のリードタイム短縮を図りたい企業及び現場部門。


ID統合管理ソフトウェア ADMS  2014/02/01


ジインズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 基本ライセンス100ユーザ:8万円より※税別

カテゴリ  ID管理 | データ分析ソリューション | 統合運用管理 | 統合ログ管理

製品概要  Active Directoryやグループウェアなどのアカウント管理を容易にし、管理コストやオペレーションミスを低減できるID管理ソフトウェア。

オススメユーザー  複数システムのアカウントをまとめて管理したい、管理ミスを低減したい、人事異動日直前の設定変更の手間を減らしたい企業。


LOG@Adapter(ログアダプタ)  2017/06/15


エイチ・シー・ネットワークス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ソフトウェア+初年度サポート20ライセンス:40万円40ライセンス:80万円無制限ライセンス:150万円※税別価格

カテゴリ  統合ログ管理 | UTM | 検疫 | フィルタリング | メールセキュリティ | データ分析ソリューション

製品概要  企業内のSyslogを収集・管理するソフトウェア製品。社内の不正操作を監視することで情報漏洩の抑止と発生後の調査を実現する。※ハードウェア版あり

オススメユーザー  情報漏洩対策として、ログの収集・管理を手軽に一元管理したいユーザ。企業コンプライアンスの強化を図りたいユーザ。


Checkmarx CxSuite  2013/11/01


インテリジェント ウェイブ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オンデマンド: 2万5000円(税別)〜オンプレミス: お問い合わせ下さい

カテゴリ  テストツール | データ分析ソリューション | 開発言語 | その他開発関連

製品概要  ソフトウェアのソースコードを解析し、既知の脆弱性を発見/原因を特定/解決策の提供を行うソースコード解析ソリューション。迅速に低コストでセキュリティを確保する。

オススメユーザー  ソフトウェアのセキュリティを迅速に低コストで確保したい企業。ソースコード解析ソリューションの導入を検討中の企業。


汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」  2016/12/12


NTTデータ数理システム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス 50万円(税別)〜

カテゴリ  BI | データ分析ソリューション

製品概要  世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。

オススメユーザー  医薬・保健学分野のデータ統計処理やデータの可視化、製造分野の品質管理や工程管理、金融分野での予測やシミュレーションに。


「データ分析 ソフトウェア」に関するセミナー情報

2時間で分かる!データ分析・統合ツール無料紹介セミナー

KSKアナリティクス


開催日

 10月4日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  データ分析ソリューション | ビッグデータ | ETL

概要   IoTの普及により、収集・蓄積したデータを人工知能(AI)・機械学習の手法やソフトウェアを使って分析・活用し、ビジネス価値を創出したいとお考えの企業が増えてい…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|経営者CIO


「データ分析 ソフトウェア」に関する特集



いまあるデータベースを速くするには? 最新データベース技術の「うまみ」を最大化するには? 最新の技術トレンドをソフトウェア/ハードウェアの両面からチェックしておこう。


カテゴリ  データベースソフト | データ分析ソリューション




 今回は「ITを活用しビジネスを成長させるためにはどのようなツールが必要なのか」をテーマに、前回の「Node.js」に引き続き、最新のオープンソースソフトウェア(以下OSS)ついてご紹介します。


カテゴリ  データ分析ソリューション | メインフレーム | ビッグデータ | オープンソース | システムインテグレーション | 開発ツール | DevOps




 サイバースパイ行為の脅威は、昨今の報道から誰もが知るところだ。この脅威に対し、今組織として何を実施しなければならないのか整理しておく必要がある。前回までは、サイバースパイ行為の巧妙化と課題について述べた。少々乱暴だが、新たにセキュリティ対策機器を導入するだけでは防御は難しいと言わざるを得ない。そのため、現在のセキュリティ対策には、セキュリティに関する運用面でのフォローが重要となる。 セキュリティ運用といっても、セキュリティ機器の運用、パッチマネジメント、ウイルス対策ソフトウェアの定期スキャンなど様々である。多くのセキュリティ運用は、事案が発生していないことを前提とした事前対策に対するものだ。サイバースパイ行為は、これらの事前対策だけでは防御が難しい。そのため、既に被害を受けていることを前提にした対策が必要となる。 事後対策にはいくつかの方法が考えられる。例えば、「被害の早期発見」や「被害の軽減」などが一般的だ。前者は「サーバや通信のログ分析」、「IPS/IDS、振る舞い検知型のセキュリティ製品」などがある。また、後者は「暗号化」や「ファイルのアップロード制限」などがある。いずれも、一定の効果は見込めるが、被害を早期に発見するためにもログ分析は確実に実施しておきたい。また、被害の軽減に関しては、新たな技術も登場しており、資産の重要度と合わせて検討していきたい。


カテゴリ  データ分析ソリューション |


「データ分析 ソフトウェア」に関するニュース



 日本IBMは、統計解析ソフトウェアの新版「IBM SPSS Statistics 25」の提供を8月9日に開始した。本ソフトウェアは、さまざまな多変量解析の手法を搭載し、分かりやすい操作で容易にデータ分析を実行できる。さまざまな形式のデータを読み込めるため、アンケートや売り上げ、購買、医療系などのデータを即座にビジネ…


カテゴリ  その他データ分析関連 | その他情報システム関連




 クニエは、ビックデータの分析と活用を支援するコンサルティングサービスの提供を8月9日に開始した。本サービスは、クラウドサービス「アマゾン ウェブ サービス」(AWS)上で、SAS Instituteのソフトウェアを用いて分析を行うものだ。AWS上での分析基盤構築から、データ分析・活用のコンサルティングまで一貫して…


カテゴリ  データ分析ソリューション | システムコンサルティング




 SAS Institute Japanは、機械学習に対応した、クラウド型のオープンでスケーラブルな分析基盤「SAS Viya」の新版の提供を開始した。本製品では、ビジネスアナリストやデータサイエンティスト、ソフトウェア開発者が、インメモリ上に格納した同一のビッグデータから同時に洞察を導き出して、ビジネスの課題に対処で…


カテゴリ  データ分析ソリューション |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「データ分析 ソフトウェア」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ