「データベースソフト 必要性」から探す!IT製品・セミナー情報

「データベースソフト 必要性」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「データベースソフト 必要性」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説データベースソフトとは?

さまざまなデータを整理・蓄積する「データベース」を定義したうえで、そのデータベースを管理・活用できるソフトウェアのこと。住所録、名刺や文書の管理、在庫管理など利用範囲は広い。Microsoft「Access」、FileMaker「FileMaker Pro」、Oracle「Oracle」などが代表的。基本的にLANに対応し、データベースをLAN上のサーバーに保存することで、部内・社内のユーザーが同時にアクセスして利用可能。

「データベースソフト 必要性」に関する特集



 前回までの「“データベース暗号”は本当に必要なのか?」では、データベース暗号の触りと法制面、ガイドラインなどから必要性を紐解いてきました。 本稿では、<データベース暗号> の技術的な側面を紹介していきます。


カテゴリ  暗号化 | データベースソフト



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「データベースソフト 必要性」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ