「データバックアップ 課題」から探す!IT製品・セミナー情報

「データバックアップ 課題」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「データバックアップ 課題」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリ(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「データバックアップ 課題」に関する特集



 日本は大規模な災害を繰り返し経験しながらそのたびに見事な復興を遂げてきた稀有な国です。そのためかIT-BCPについて非常に関心が高い企業が多いと感じます。データバックアップはIT-BCPの基礎として重要なことは今さら言うまでもないでしょう。おそらく多くの企業のIT担当者は、本当にIT-BCPを実施するなら、遠隔地に設けた複数拠点でリアルタイムにサイトのレプリケーションを行い、いつ被災しても健全な拠点のシステムに即座に業務処理を切り替えられる体制が必要だとお考えのことと思います。しかしそれには莫大な投資が必要です。それがネックになり、対策が検討段階にとどまっているケースも多いようです。 だからといって手をこまねいているわけにもいきません。できるだけ早期の業務再開が可能な仕組みを投資可能な範囲で構築する必要があります。


カテゴリ  バックアップツール | バックアップサービス



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「データバックアップ 課題」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ