「データ 暗号化 ソフト」から探す!IT製品・セミナー情報

「データ 暗号化 ソフト」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「データ 暗号化 ソフト」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説暗号化とは?

企業や組織にとって大切な個人情報や機密情報などのデータを、解読鍵がなければ判読不能な状態に変換することで、万が一、第三者の手に渡ったとしても情報漏洩のリスクが生じないように保護する。代表的な製品としてはHDD暗号化やファイル暗号化が挙げられ、この場合には、HDD全体、あるいはファイルやフォルダの暗号化を行うことで、PC自体の紛失・盗難などを要因とした情報漏洩を防ぐ。

「データ 暗号化 ソフト」に関するIT製品情報

暗号化/マルウェア対策/ランサムウェア対策 秘文 Data Encryption  2017/10/01


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 秘文 Data Encryption (買取ライセンス) 1万円/台(税別)秘文 Data Encryption 年間利用ライセンス 5000円/台(税別)

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  PCや記録メディア、ファイルサーバのデータを暗号化。安全性が確認できるプログラムのみ、機密データやOS管理領域へのアクセスを許可する。

オススメユーザー  PCやファイルサーバのデータを暗号化したい企業マルウェアによる窃取やランサムウェアによる強制暗号化/削除を防止したい企業


機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス)  2017/11/12


ネスコ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ユーザ参考価格エントリーパック 200万円(税別)〜

カテゴリ  暗号化 | DLP

製品概要  様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。

オススメユーザー  ファイルサーバからの個人情報漏洩を防止したい企業。海外拠点や外部委託先と安全にCADなどのファイル共有したい企業。


Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL  2017/02/16


ソフトエイジェンシー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1フォルダ 年額14万4000円、または月額1万3200円※各税別

カテゴリ  暗号化 | Linux | その他サーバー関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | サーバー管理 | その他運用管理関連

製品概要  導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。

オススメユーザー  Linuxサーバデータのセキュリティ強化を検討している方。クラウド利用における様々な情報管理に課題を抱えている方。


情報漏洩対策ソフト 「発見伝Select」  2014/08/01


C&Cアソシエイツ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 下記のいずれかを選択●パッケージライセンス料金/1ライセンス 9800円●年間サービス料金/オープン価格※税別

カテゴリ  MDM | メモリ | その他ストレージ関連 | 暗号化 | アンチウイルス | 統合ログ管理

製品概要  USBストレージの利用制限、ファイル監視機能、ファイル暗号化、ウイルス感染防止などの機能を装備し、情報漏洩を未然に防ぐセキュリティソフト。低コストで導入も簡単。

オススメユーザー  USBメモリやCD、DVDなどによるデータのやりとりが頻繁に発生している企業。情報漏洩対策を万全にしたい企業。


文書管理ソリューション 「MyQuick」  2017/06/26


インフォコム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 基本構成(MyQuick+MyWebPlus)価格 320万円〜※税別

カテゴリ  文書管理 | データベースソフト | ナレッジマネジメント | EIP | 暗号化

製品概要  企業内のドキュメント情報を一元集約化し、いつでもどこでも必要な文書の検索を可能にするドキュメント管理システム。ファイル暗号化により、情報漏洩対策も万全。

オススメユーザー  全社データベースを一元管理し、文書を横断的に有効活用したい企業。契約書、ISO文書、技術文書の管理で困っている企業。


「データ 暗号化 ソフト」に関する特集



 前回の 「"データベース暗号"は本当に必要なのか?<1>」 では、<データベース暗号> で防ぐことができる脅威の範囲について触れました。本稿では、<データベース暗号> が法的に必要とされる理由について、再認識も含め触れていきます。


カテゴリ  データベースソフト | 暗号化




 前回までの「“データベース暗号”は本当に必要なのか?」では、データベース暗号の触りと法制面、ガイドラインなどから必要性を紐解いてきました。 本稿では、<データベース暗号> の技術的な側面を紹介していきます。


カテゴリ  暗号化 | データベースソフト




2005年に <個人情報保護法> が施行してから約9年―企業の情報セキュリティ対策として <データベース暗号> が注目を浴びたことはご存知でしょうか?特に金融業やサービス業では、「個人情報」 に加え、「クレジットカード情報」 も含まれることから多くの大手を含む銀行やサービス事業者が対策を施しています。この対策は、あまり表に出ることはなく、社内でも極秘に遂行される場合があり、そんな対策が施されていることを利用者は全く意識せずに利用しています。「セキュリティ」 という名のもとに....


カテゴリ  暗号化 | データベースソフト


「データ 暗号化 ソフト」に関するニュース



 ソフトエイジェンシーは9月25日、データベース「MySQL」の暗号化に向けた無料コンサルティングサービスを開始した。同社によると、MySQLはバージョン「5.7」以降、透過的データ暗号化機能を利用できるが、標準では暗号鍵はローカルサーバに保存されるため、鍵の盗難などに対して脆弱(ぜいじゃく)だという。また、…


カテゴリ  暗号化 | データベースソフト | システムコンサルティング




 ソフトエイジェンシーは、オープンソースのデータベース管理システム「MySQL」向けの暗号鍵管理サービス「Server General KMS」を7月1日に発売した。Server Generalが提供する本サービスでは、「MySQL 5.7」で標準機能になった透過的データ暗号化機能に対して、安全で安価な暗号鍵管理サービスを提供する。中小規…


カテゴリ  暗号化 | データベースソフト




 アドバンスドテクノロジーは、暗号化型ランサムウェア「WannaCry」や、その亜種に感染した場合でも暗号を解除できるランサムウェア対策ソフトウェアの無償提供を公共機関から随時開始する。本ソフトウェアを事前にインストールしておくと、ファイルの暗号化が実行された場合でも、同社にHDDを送付することで、暗号…


カテゴリ  アンチウイルス | 暗号化



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「データ 暗号化 ソフト」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ