「ディーシステム」から探す!IT製品・セミナー情報

「ディーシステム」 に近い情報
「ディー」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ディーシステム」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ディー」に関するIT製品情報

USBメモリ型ウイルスチェック・駆除ツール Sagasunder  2013/05/01


イーディーコントライブ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 2万1800円 (税別)

カテゴリ  アンチウイルス | 検疫

製品概要  カスペルスキー社製ウイルス対策ソフトウェアを搭載。セキュリティソフトがインストールできない端末やオフライン端末などでも、ウイルスチェック・駆除ができる。

オススメユーザー  ウイルス対策を強化したい企業。セキュリティソフトがインストールできない端末を保持している企業など。


IT資産管理サービス DREAMS  2016/10/01


ディーアールエス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 ソフトウェアデータ突合調査 30万円〜/回資産管理ツール運用支援 100円〜/1台月額DREAMS基本サービス 個別見積り※参考価格。税別

カテゴリ  IT資産管理 | 運用系業務アウトソーシング | その他運用管理関連

製品概要  IT資産管理に関するコンサルティング・資産の利用状況調査・管理ツールの提供と運用のアウトソーシングなど。PCレンタルを組み合わせた、トータルアウトソーシング。

オススメユーザー  情報セキュリティやソフトウェアライセンス管理に不安を感じている企業。IT資産管理のアウトソーシングに興味のある企業。


名刺管理システム TantCard Gulliver  2016/03/26


ウインディーネットワーク

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 50ユーザ 150万円〜 ※税別

カテゴリ  CRM | その他情報システム関連 | OCRソフト

製品概要  複合機などのスキャナやScanSnapでスキャンした名刺を、OCR機能でデータ化することで、社員がセキュアに共有できるようになる名刺管理システム。

オススメユーザー  名刺情報の効果的な社内共有を、簡単かつセキュアに行いたい企業。


特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション)  2017/02/01


NTTソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 最小構成 基本ライセンス 95万円〜 (税別)

カテゴリ  ID管理 |

製品概要  今求められるIT統制に対応でき、管理(ID貸出、パスワード変更、ログつきあわせ、ID棚卸等)を自動化できる特権ID管理製品。人手作業は利用申請・承認、点検結果確認となる

オススメユーザー  ・IT統制(J-SOX監査)、PCI DSSなど法令・ガイドラインへ対応を行いたい企業。・特権ID管理に関する管理工数を削減したい企業。


D-Link クラウド管理型 Wi-Fiソリューション DBA-1510P  2016/03/31


ディーリンクジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 【標準価格】DBA-1510P(機器本体):4万5800円(税別)※別途有償ライセンス要(1年/2年/3年/4年/5年)※下部に価格の詳細を記載

カテゴリ  アクセスポイント | 無線LAN

製品概要  無線LANをクラウドから一元管理する次世代ソリューション「D-Link Business Cloud」に対応した無線LANアクセスポイント。

オススメユーザー  無線LANアクセスポイントの管理負荷を軽減したい企業。無線LANコントローラアプライアンスに多額のコストをかけている企業。


「ディー」に関するセミナー情報

ベトナムオフショアで開発する、人工知能システム 締切間近

主催:NALヒューマンリソース 協力:オープンソース活用研究所


開催日

 3月28日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  DevOps | その他開発関連

概要  【急速に普及する人工知能】50年来の大きな技術的ブレークスルーと言われるディープラーニングの登場によって、人工知能技術は急速に発展しています。その適用分野は、画…

オススメユーザー  情報システム部の統括|経営者CIO


ECサイト・WEBサイト高負荷対策 セキュリティ対策セミナー

ディーネット/Jストリーム/ニフティ/デジカ/NHNテコラス


開催日

 4月13日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  EC | Webアプリケーションサーバ | CDN

概要  16時 受付開始 EC・WEBサイト運営に関わる問題を解決します! 〜高負荷対策の事前検証とチューニング〜24時間365日マネージド運用まで〜■アプリケーショ…

オススメユーザー  経営者CIO|情報システム部の統括


「ディー」に関する特集



とりあえずググってますか?もっとディープな情報ほしくないですか?オモロジック採用のサグールで視点を変えてみませんか?


カテゴリ  データ検索ソフト |




 米Salesforce.comは、2016年9月19日(米国時間)、自社で提供する各種クラウドサービスに自然言語処理や深層学習(ディープラーニング)などの機能を組み込んだ「Salesforce Einstein(Einstein/アインシュタイン)」を発表した。併せて、AIに特化した研究開発部門「Salesforce Research」も組織する。  Einsteinは、過去に米Salesforce.comが買収したAI技術を持つ9つの企業の技術を基にしており、「Salesforceプラットフォーム」上の顧客情報などのデータを学習ソースにして、同プラットフォーム上の各サービスで利用できる。


カテゴリ  SFA | CRM | コールセンター/CTI | その他情報システム関連




 人工知能は人間の仕事を奪い、いずれは人間の存在そのものをも駆逐する。機械が登場した頃から語られてきた終末論が現実になるかどうかは別として、少なくとも人間の学習能力をコンピュータで再現する技術の1つ、機械学習やディープラーニングはGoogleやIBMを始めとする大手企業によって、ここ数年で劇的に進化を遂げた。単純作業を肩代わりし、より生産的な業務を支援する域には十分到達している。IoTの普及と併せて、多種多様なモノが自動で最適な判断を行い、より便利な世の中になるのだろう。 だが、一方で危惧されるのは、人工知能に対する依存度の高まりだ。日常生活から経済活動まで、あらゆるものが人工知能に頼る時代が来たとき、その人工知能に脆弱性が発見されて攻撃されたらどうなるのだろうか。 「Interop Tokyo 2016」のパネルディスカッション「「人工知能の敵」〜人工知能は完全なるセキュリティの夢を見るか 人工知能への攻撃の可能性を検討する〜」でも、そんな熱い議論が繰り広げられた。


カテゴリ  IPS | IDS


「ディー」に関するニュース



 日本システムウエア(NSW)は、ディープラーニングを活用した画像解析サービスの提供を開始した。今回提供されるサービスでは、Googleが開発したオープンソースの機械学習エンジン「TensorFlow(テンソルフロー)」を利用し、ディープラーニングの一種のCNN法(Convolutional Neural Network)を活用して画像上の…


カテゴリ  その他データ分析関連 |




 ディー・ディー・エスは、多要素認証統合基盤「EVE MA」のバージョンR3.40を発売した。動画顔認証に対応したプラグインを追加する。EVE MAは、指紋や指静脈、手のひら静脈といった生体認証、ICカード、パスワードなどさまざまな方式の認証を、Windowsログオンやネットワーク認証、アプリケーション認証など幅広い…


カテゴリ  認証 |




 ディー・ディー・エスは、指紋認証ソフトウェアの新バージョン「EVE FA Standalone Edition Rel.5.00」の提供を2017年2月下旬に開始する。本ソフトウェアは、管理サーバ不要で小規模から導入できる。今回の新バージョンでは、指紋とWindowsパスワードを組み合わせた2要素認証に対応した他、Windowsログオン認証や…


カテゴリ  認証 | シングルサインオン



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ディーシステム」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ