「テープストレージ 価格」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「テープストレージ 価格」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説テープストレージとは?

テープストレージとは、データを記録する磁気テープメディアとそれを読み書きするドライブで構成された装置のことで、「テープストリーマ」「テープドライブ」とも。ディスク装置のデータを連続的に磁気テープに記録でき、主にサーバ上のデータのバックアップに使われる。さまざまな規格があるが、記憶容量あたりの価格は記憶装置の中では低コストなものとなっている。

「テープストレージ 価格」に関する記事情報

アーカイブ需要に復権をかけるテープストレージの今 : すご腕アナリスト市場予測:

テープ運用の経験がない、そんな世代も珍しくないテープストレージが活路を見いだすアーカイブ需要。テープの復権はあるのか?

1巻で約330TBを記録できる「スパッタテープ」とは? : 5分で分かる最新キーワード解説:

1巻で現行テープの約22倍という大容量化を実現した「スパッタテープ」。テープストレージの進化はまだまだ続く。

バックアップ時のテープストレージ利用状況(2013年) : IT担当者300人に聞きました:

テープバックアップ運用に関する疑問。テープを選んだ「目的」「満足度」「磁気テープのメリット」など気になる項目を調査した。

「テープストレージ 価格」に関するIT製品情報

フラッシュやクラウドが登場しても「テープストレージ」から目を離せない理由

富士フイルム株式会社

テープは長い間使われているストレージ技術だ。フラッシュやクラウドが登場しても色あせないその魅力とは何なのだろうか。開発が進む新技術と併せて紹介する。

進化する磁気テープストレージ、8割を占めるコールドデータの長期保存で脚光

富士フイルム株式会社

データの爆発的な増加を受けて、その8割を占めるコールドデータの長期保存が課題になっている。そのアーカイブ先として再注目されているのが、安全・安価な磁気テープストレージだ。海外の導入事例からその魅力を探る。

データ資産の戦略的活用に最適なメディアは? TCOや転送速度など徹底比較

富士フイルム株式会社

データ資産の保管手段に、HDDや光ディスク、クラウドストレージといった多様な選択肢がある中、あらためて注目されているのがテープストレージだ。TCOや転送速度、データ損失リスクなどの比較から、再注目の理由を明らかにする。

クラウドより安全に大容量データを保管、再評価されるテープストレージの利点

富士フイルム株式会社

IoTやAIの普及で生成される大容量データの保管に頭を悩ませる企業が増えている。クラウドストレージは安全性に懸念があり、オンプレミスの従来型ストレージの拡張ではコストがかさんでしまう。安全性とコストを両立する保管先が必要だ。

「テープストレージ 価格」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。