「テナブルネットワークセキュリティ」に近い情報
「テナ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「テナ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ネットワークセキュリティとは?

情報漏えいなどを引き起こすサイバー攻撃から企業・組織を守るためには、ネットワークを監視し、外部あるいは内部からの不正アクセスを検知し、それらに対して迅速かつ適切な対処を施せるような体制やシステムを整備しておくことが不可欠といえる。具体的な製品としては、ネットワークの境界にいわば関所として設置するファイアウォール、ネットワーク上に流れるパケットを監視して、攻撃や不正アクセスにつながる兆候などの検知を行い、防御対策を実施するIPS(侵入防止システム)、Webアプリケーションに対する不正な通信を食い止めるWAF(Web Application Firewall)、これらのさまざまな防御対策を1つのシステムに統合したUTM(Unified Threat Management)、基幹ネットワークに接続したクライアントPCの検査を行い、接続の許可/不許可を制御する検疫ソリューションなどが存在する。

「テナ」に関する記事情報

壁だらけのロボット展開、RPAに求めるべき品質ってなに? 後編

ロボットが停止し、事業運営に影響を与える事故に発展した――RPA導入企業でこうした出来事が多発している。トラブルのないRPAを目指すなら、推進の各フェーズで必ず実践すべきことがある。

壁だらけのロボット展開、RPAに求めるべき品質ってなに? 前編

企業の高品質なRPA運用を支援するコンサルタントが、本当にあったRPAの事故の原因に切り込み、トラブルのない"優等生ロボット”をどのように実現するのかを解説する。

RPA導入で処理時間が人力の2倍になった……、失敗しないためのRPA開発虎の巻

RPAの活用現場では、想定以上にコストがかかる、ロボットが止まる、他人が作成したロボットをメンテナンスできないといった問題が起きている。課題を解決するために、今からマネできるポイントを紹介しよう。

Watson AIとコンテナ技術の使いどころ、管理のポイント

2018年3月「Think 2018」発表した内容を基に、日本IBMが国内での展開を整理した。Watsonの名の下で、データ基盤を強化する。全体の概要を整理した。

業績好調企業は、年単位の人事評価を廃止して なぜうまくいくか

働きがいのある職場を作り上げ、業績も伸ばした企業が実施したのは、年単位の人事評価の廃止だった。なぜ、うまくいくのか。

行動追跡、可視化、画像認識技術とマーケティングの関係

顔認証の精度が向上したことで、顧客の行動分析が可能となった。、販売やサービス業で新しい「おもてなし」を実現するサービスが登場する。

吉野家の肘打ちできないロボット、ニトリの巨大コンテナロボットは物流のメシアか

Amazonの倉庫ロボット「Kiva」に代表されるように、物流にも自動化の波が押し寄せている。吉野家に導入された“肘打ちできないロボット”、ニトリの“巨大コンテナロボット”などを紹介。

大和ハウス、「みんなで使う」巨大物流拠点がすごかった

建設大手の大和ハウス工業が建設中の巨大物流拠点「DPL流山」は、近代化された大規模物流関連施設・設備をテナント各社でシェア可能にする画期的試みを開始する。

第1回 ワークスタイル“改善”で終わってない? 本当の「変革」に必要な3つの要素とは

モバイルやWeb会議、仮想デスクトップを導入したものの、ワークスタイル“変革”ではなく“改善”で止まっていないだろうか。問題を根底から解決し、働き方を変革する方法を紹介する。

専用ツールだから簡単にできる「マニュアル作成ツール」のいろは

業務マニュアルや作業手順書は、ビジネスを着実に進める上で必須の資料だ。しかし、その作成やメンテナンスは「本業ではない業務」として後回しにされがちだ。この矛盾を解消するためのツールが存在感を増している。

「テナ」に関するIT製品情報

意外と知らない「年末調整」&「賞与」の基礎知識、繁忙期をラクに乗り切るには

株式会社マネーフォワード

年末調整や賞与の時期には、給与担当者は膨大な書類の取りまとめや煩雑な計算作業に追われることとなる。そこで慌てないために理解しておきたい、必要書類やスケジュール、控除額の計算方法についての基礎知識を解説する。

コンテナの開発・運用ライフサイクル全体を安全にする「セキュリティ10大要素」

レッドハット株式会社

アプリケーション開発・展開の迅速かつ安定したライフサイクル構築を可能にするコンテナ。重要サービスに活用するケースも増え、あらためて問われているのが安全性だ。そこで考慮すべき開発・運用のライフサイクルにおける10大要素とは。

DevOpsの近道となるコンテナプラットフォーム、その効率を左右する要件とは

レッドハット株式会社

DevOpsの取り組みを支えるコンテナプラットフォームに求められる要件は、多岐にわたる。だが、ビルドやテスト、運用など各ステージでポイントを押さえたプラットフォームを導入できれば、DevOpsの実践・効率化も容易になる。

CI/CDツールと統合可能、DevOps環境を高度に保護するコンテナセキュリティ

SB C&S株式会社

多くの組織で、アジャイルなアプリケーションライフサイクルを実現するために導入されている、DevOpsやマイクロサービスの開発運用環境。その採用に際して、コンテナ化した環境を包括的に保護するための新たなセキュリティが求められている。

開発のスピードとセキュリティを両立するDevSecOps実践の近道とは?

SB C&S株式会社

DevOpsの実践に大きな力を発揮するのがコンテナ技術である。同技術が注目され普及が進む一方で、その中に存在する脆弱性を利用したサイバー攻撃も報告されている。そこで今、コンテナに対する包括的なセキュリティ対策が求められている。

「テナ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。