「タイムスタンプ 開発」から探す!IT製品・セミナー情報

「タイムスタンプ 開発」 に近い情報
「タイムスタンプ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「タイムスタンプ 開発」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「タイムスタンプ」に関するIT製品情報

かんたん電子契約サービス  2015/11/01


セイコーソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  認証 | 運用系業務アウトソーシング | システムコンサルティング | EC

製品概要  ・電子署名とタイムスタンプを用いて契約データの真正性を確保・Webアプリケーションによる簡単導入から、システム連携も可能

オススメユーザー  契約業務のプロセス改善や印紙税の削減をしたい企業。大量の証書発行業務を効率化して郵送や事務のコストを削減したい企業。


「タイムスタンプ」に関する特集



 「e-文書法」をご存じだろうか。これはビジネスを行う上で必要な書類を電子化し、保存するための要件をまとめたもので、会計帳簿だけでなく契約書、請求書、領収書などの電子保存が可能となるものだ。2005年に施行されたe-文書法、その要件には「スキャナが必要」「領収書は3万円以内」「改ざん防止の電子署名、タイムスタンプが必要」などの制約も多く、これまでわずか133企業のみでしか利用されていなかったという。 その会計業務における電子保存にいま、にわかに注目が集まっている。2016年1月に「スキャナ保存制度」の要件が緩和され、より簡易な方法でも電子保存が利用できるようになったのだ。


カテゴリ  文書管理 | 複合機 | その他オフィス機器関連


「タイムスタンプ」に関するニュース



 ビットリーブは、情報漏えいや不正侵入の抑止を支援するパケットキャプチャー装置「BW Tanks」の出荷を5月に開始する。価格は500万円〜。本装置は、社内ネットワークの動きを大容量ストレージに取りこぼしなく記録し、外部からの侵入の痕跡を探せるようにする。キャプチャーと同時にデータに付加するタイムスタンプ…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | フォレンジック



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「タイムスタンプ 開発」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ