「ソフトエラー」から探す!IT製品・セミナー情報

「ソフトエラー」 に近い情報
「ソフトエ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ソフトエラー」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ソフトエ」に関するIT製品情報

Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL  2016/03/15


ソフトエイジェンシー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1フォルダ 年額14万4000円、または月額1万3200円※各税別

カテゴリ  暗号化 | Linux | その他サーバー関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | サーバー管理 | その他運用管理関連

製品概要  導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。

オススメユーザー  Linuxサーバデータのセキュリティ強化を検討している方。クラウド利用における様々な情報管理に課題を抱えている方。


「ソフトエ」に関する特集



 前回紹介したとおり、ウイルス対策ソフト、セキュリティ製品の比較テストには大きく分けて、全てのテストサンプルを検出できた製品に対して認定を行うものや、どの製品がどれだけの不正プログラムを検出できるかを競うものがある。 従来からあるウイルス対策ソフト、エンドポイントセキュリティ製品の“検出率”を比較するテストでは、どのようなテストが行われているのだろうか。テスト環境、サンプル、テスト手法、そしてテスト期間という様々な観点から見てみよう。


カテゴリ  アンチウイルス |




 連載の前回、前々回では、脅威がどのように変化し、それに対抗するべくセキュリティ製品がどのように進化したか、そして従来の“検出率”を評価するテストがどのように行われ、そこにある問題点が何かについて説明した。 今回は、これまでの話を踏まえた上で、どのような形でウイルス対策ソフト、エンドポイントセキュリティ製品のテスト、評価が行われるのが望ましいかについて議論する。


カテゴリ  テストツール |




 企業やユーザがウイルス対策ソフト、エンドポイントセキュリティ製品を導入する上では、様々な基準で製品を評価し、それに見合った製品を選定していることであろう。選定の基準となる評価ポイントは、例えば導入、運用、管理のしやすさであったり、PC上でのパフォーマンスであったり、実際の脅威に対する有効性など様々なものがある。 その中でも、実際の脅威に対する有効性を判断する上で参考にされるものの1つに、第三者テスト機関が行う製品比較テストがある。世の中には様々な第三者テスト機関と呼ばれる組織があり、100%の検出率を挙げた製品には認定を行い、ベンダがマーケティング目的で使用することができるロゴを提供するようなプログラムも存在する。また、どの製品がどれだけ多くの不正プログラムを発見することができるかを競ったテストをIT専門誌、Webサイト上で紹介するものも存在する。このようなテストでは「検出率」、「検知率」といったものが製品の評価指標とされてきた。しかし、ここでいう「検出率」というものがそもそも何を意味しているか、理解しているだろうか? “第三者テスト機関が提供しているデータ”ということで、どのように評価がされ何を意味しているかは分からずに参考にしてはいないだろうか。 この「検出率」は意味のある評価指標なのかといった議論をする上で、テストがどのように行われているのかを理解するのは勿論、昨今ユーザを取り巻くセキュリティ環境とそれに対抗するセキュリティ製品の現状を見る必要がある。


カテゴリ  アンチウイルス |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ソフトエラー」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ