「ソフトエラー ハードエラー 宇宙線」から探す!IT製品・セミナー情報

「ソフトエラー ハードエラー 宇宙線」 に近い情報
「ソフトエ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ソフトエラー ハードエラー 宇宙線」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ソフトエ」に関するIT製品情報

Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL  2017/02/16


ソフトエイジェンシー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1フォルダ 年額14万4000円、または月額1万3200円※各税別

カテゴリ  暗号化 | Linux | その他サーバー関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | サーバー管理 | その他運用管理関連

製品概要  導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。

オススメユーザー  Linuxサーバデータのセキュリティ強化を検討している方。クラウド利用における様々な情報管理に課題を抱えている方。


「ソフトエ」に関する特集



 前回紹介したとおり、ウイルス対策ソフト、セキュリティ製品の比較テストには大きく分けて、全てのテストサンプルを検出できた製品に対して認定を行うものや、どの製品がどれだけの不正プログラムを検出できるかを競うものがある。 従来からあるウイルス対策ソフト、エンドポイントセキュリティ製品の“検出率”を比較するテストでは、どのようなテストが行われているのだろうか。テスト環境、サンプル、テスト手法、そしてテスト期間という様々な観点から見てみよう。


カテゴリ  アンチウイルス |




 連載の前回、前々回では、脅威がどのように変化し、それに対抗するべくセキュリティ製品がどのように進化したか、そして従来の“検出率”を評価するテストがどのように行われ、そこにある問題点が何かについて説明した。 今回は、これまでの話を踏まえた上で、どのような形でウイルス対策ソフト、エンドポイントセキュリティ製品のテスト、評価が行われるのが望ましいかについて議論する。


カテゴリ  テストツール |




 前回は具体的により現実的なテスト手法がどうあるべきかを説明した。今回は、そのようなテスト手法を使うことによって見えてくるセキュリティ製品、セキュリティベンダの本当の実力について解説する。 2009年7月、8月に、米国の第三者テスト機関であるNSS Labsがより現実的なテスト手法を使ってウイルス対策ソフト、エンドポイントセキュリティ製品の比較テストを行った。このテストでは、ユーザの実環境と昨今の脅威の約9割がソーシャルエンジニアリングを悪用した形でインターネットから来ていることを踏まえ、インターネットに接続したPCを使い、Webから来る脅威に対するセキュリティ製品の総合的な防御力を測っている。さらに、日々登場する最新の脅威サンプルを使用して8時間ごとに17日間かけてテストを行った。その中からセキュリティ製品を選定するに当たって重要な要素が見えてくる。以下、実際にNSS Labsが実施した、ユーザの実環境に即したテストの結果をもとに、製品選定のポイントのいくつかを紹介したい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「ソフトエ」に関するニュース



 ソフトエイジェンシーは、オブジェクト指向スクリプト言語「Ruby」のソースコードを暗号化するソフトウェア「RubyEncoder 2.4」を発売した。Inovicaが開発した本ソフトウェアは、Rubyのソースコードをバイトコード形式に変換してRubyスクリプトを保護することで、ソースコードをリバースエンジニアリングから保護で…


カテゴリ  暗号化 | その他開発関連




 エルテスは、プロジェクトの稼働状況や実態の分析、可視化を図るサービス「AI Operation Analytics」の提供を開始した。価格は月額30万円〜(税別)。本サービスは、人工知能エンジンと検知テクノロジーを用いて行動履歴分析やリスクの予兆検知を行う「AI Analytics」シリーズの第1弾。PC端末上のファイルやソフト…


カテゴリ  プロジェクト管理 | その他データ分析関連




 エンバカデロ・テクノロジーズは、わずかなメモリやディスクスペースで実行できるコンパクトなSQLデータベース(DB)の新バージョン「InterBase 2017」を発売した。本製品は、スケーラビリティに優れ、さまざまな機能を装備し、管理タスク不要で、Unicodeにも対応する。DBサーバとしてWindowsやLinuxにインストー…


カテゴリ  データベースソフト |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ソフトエラー ハードエラー 宇宙線」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ