「ソフトウェアデコーダ」から探す!IT製品・セミナー情報

「ソフトウェアデコーダ」 に近い情報
「ソフトウェアデ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ソフトウェアデコーダ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ソフトウェアデ」に関するIT製品情報

SharePlex  2015/02/01


デル・ソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ノード:161万5700円〜(税別、初年度保守料込)

カテゴリ  データベースソフト | バックアップツール | サーバー管理 | 統合運用管理

製品概要  Oracleデータベース環境に最適化されたレプリケーションソフトウェア。高速かつリアルタイムに動作し、異なる環境間でも簡単に動作する。様々な構成で活用可能。

オススメユーザー  Oracleデータベース環境で、ビジネス継続、無停止移行、データ統合をシンプルに行いたい企業。


Notes Migrator for Exchange/SharePoint  2013/09/18


デル・ソフトウェア

企業規模  大企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 最小構成Notes Migrator for Exchange:標準価格 60万円〜Notes Migrator for SharePoint:標準価格 300万円〜※税別

カテゴリ  データベースソフト | プロジェクト管理 | サーバー管理 | 統合運用管理 | 開発ツール | テストツール

製品概要  Lotus NotesからSharePointへのシンプルかつ正確な移行をスムーズに実現するマイグレーションツール。ダウンタイムを最小限に抑え、管理者の負担を軽減する。

オススメユーザー  Lotus NotesからMicrosoft ExchangeやSharePointなどへの移行を検討中の企業。開発リソースを抑えたい企業。


「ソフトウェアデ」に関するセミナー情報

PwC主催ID管理セミナー「クラウド時代のIT統制〜」

PwCコンサルティング/エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア


開催日

 3月3日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  ID管理 |

概要  NTTソフトウェアでは、2017年3月3日(金)にPwCコンサルティング 本社ビル(丸の内)セミナールームにて開催されるPwC主催の「クラウド時代のIT統制〜S…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用


「ソフトウェアデ」に関する特集



ITインフラ運用自動化の最後のピースだった「ネットワーク」。ソフトウェアで定義できるようになると、情シスの業務は何がどう変わる? 「Chefレシピで構成設定するようなもののネットワーク版でしょ」と侮るなかれ


カテゴリ  SDN | その他ネットワークセキュリティ関連 | ルーター | ネットワークスイッチ | IaaS/PaaS | データセンター運用 | ネットワーク管理 | 統合運用管理




 前回までにモバイルPC環境を有効に活用するために必要なセキュリティ機能について話を進めてきた。今回はセキュリティリスクへの対応観点からモバイル環境におけるエンドポイントPCの利用について考えてみたい。 これまでの説明ではモバイルPCとしてハードディスクを搭載したノート型のPC(リッチクライアント)を想定して話を進めてきた。多くの企業ではこのようなマシンを利用しているであろう。しかし、ほかの選択肢として例えばシンクライアントとよばれるディスクレスPCを利用し、サーバマシンに接続し運用している場合もあると思う。ここからの説明ではハードウェアを利用したシンクライアント環境は別として、ソフトウェアで実現するリモート・シンクライアント環境の利用について話していく。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 前回は標的型攻撃に悪用されるマルウェアについて解説した。一般的な標的型メールを利用した攻撃では、トロイの木馬が悪用される。ほとんどのものが既知のマルウェアであるが、攻撃者によりウイルス対策ソフトウェアでは検出されないよう巧妙に作成されている。この傾向は、標的型攻撃に限らず、マルウェア全般に言える傾向かもしれない。このことは、私たちユーザ個人がマルウェア感染に気付く術がほとんどないことを示している。 そのような中、近年注目されているのが、第2のセキュリティ対策製品である。端末へインストールするタイプのものでは、脆弱性の悪用を未然に検出する製品や、DLP(Data Loss Prevention:情報漏洩防止対策)、暗号化製品が注目されているようだ。また、ネットワーク上に設置するものでは、アプリケーション層の監視を得意としたものや、実行ファイルの挙動をチェックするものなどが注目されている。いずれも単体での有効性では限界があるかもしれないが、従来のセキュリティ対策と異なる視点での監視ができるため、上手く長所を組み合わせることでのセキュリティ補強は期待できそうだ。そこで、本稿では今時のマルウェアに感染した際に発生する通信とその検出方法について解説していこう。


カテゴリ  IPS |


「ソフトウェアデ」に関するニュース



 フィラーシステムズ(FSZ)は、医薬・製薬、医療機器、健康食品、化粧品業界向けに、ファイル作成や集計など、業界で一般的に行なわれている業務を支援するツール「ファーマちょっとツール」の提供を開始した。「ファーマちょっとツール」は、Excelなど、企業内で一般的に利用されているソフトウェアで利用できる…


カテゴリ  特定業種向けシステム |




 KUFUは、クラウド型労務手続きソフトウェア「SmartHR」で、5名以下の小規模企業は無料で利用できる「¥0プラン」をリリースした。SmartHRは、企業が行う社会保険・雇用保険の手続きの自動化を図れるクラウド型ソフトウェア。今回の¥0プランでは、SmartHRの主要機能を無料で利用でき(一部機能制限あり)、小規模…


カテゴリ  その他基幹系システム関連 |




 SCSKは、認証アプライアンス「RADIUS GUARD S」で、不正通信端末の自動排除を図れるブラックリスト機能をサポートした新ソフトウェア「6.05」の提供を開始した。今回の新ソフトウェアでは、不正通信端末をブラックリスト化する機能が追加され、不正と判定された通信の特定に応じて、端末に紐付くアカウントまで自動…


カテゴリ  認証 | その他ネットワークセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ソフトウェアデコーダ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ