「ソウニュウソート」から探す!IT製品・セミナー情報

「ソウニュウソート」 に近い情報
「ソウニ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ソウニュウソート」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ソウニ」に関する特集



差がなさそうに見えて実は大きく違うIaaS。今回は、リクルートが23社のサービスを徹底比較!23社の中から2社を選定した経緯と選び方のポイントを取材。使い勝手の違いが現れる意外な個所など、必見です!


カテゴリ  IaaS/PaaS |




 2011年4月27日、情報セキュリティに関わるものにとって、衝撃的なニュースが走った。米国のソニーコンピュータエンターテインメント(SCE)が、外部からの不正攻撃により同社が運営するプレイステーションネットワーク(以下PSN)に登録された会員の個人情報、約7700万人分の情報が漏洩したと発表したのだ。 個人情報の流出・紛失という事件は小規模なもの、例えば個人情報の入ったPCを紛失したというようなものであれば、残念なことではあるが、年間ベースでは相当の数が発生している。ところが、7700万件という漏洩件数になると桁が違う。1件の事件でいえば過去最大級だろう。そして、それに追い打ちをかけるように米国ソニーオンラインエンターテインメント社からも外部からの不正攻撃により2400万件余りの個人情報が漏洩したことを発表、さらに、各国のソニー関連会社のサイトが攻撃を受け、被害が発生している。 さて、この事件の経緯や発生した原因、今後とるべき対応といったものについては、すでにいろいろと書かれているので、そちらを参照してもらうとして、ここでは、「ID管理」という切り口から、この事件を2回に渡り考察してみる。外部からの攻撃による情報漏洩事件とID管理、パッと見とあまり関係がなさそうに思える(実際私もそう思った)が、実は今回の7700万件の個人情報漏洩事件においては非常に深い関係がある。


カテゴリ  ID管理 |


「ソウニ」に関するニュース



 株式会社エフ・コードは、Web接客ツール「f-tra(エフトラ)CTA」に、1度のオファー表示で複数の個所から選択してクリックできるバナーを追加した。「f-tra CTA」は、Webサイトの閲覧者が離脱しそうになったり、ページに長く滞在するなど興味を持った場合に、バナーやソーシャルボタンをポップアップ表示させること…


カテゴリ  EC |




 株式会社エフ・コードは、Web接客ツール「f-tra(エフトラ)CTA」で、サイト運営者がより正確にオファーの効果を把握できるよう支援する機能として、レポート除外IPアドレスの指定と、目標のイベントトラッキング機能の2つをリリースした。「f-tra CTA」は、Webサイトを離脱しそうになった閲覧者や、ページに長く…


カテゴリ  EC | アクセス解析



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ソウニュウソート」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ