「セルフサービスbi 比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「セルフサービスbi 比較」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「セルフサービスbi 比較」に関する記事情報

セルフサービスBIと連携させると役に立つツールとは? : そこが知りたい!セルフサービスBI:

連携やシステムとの組み合わせがカギになる。一見何気ないデータも宝になり得るセルフサービスBI。その活用法を紹介する。

セルフサービスBIを上手に使いこなすコツは? : そこが知りたい!セルフサービスBI:

非常に便利な「セルフサービスBI」ツールだが、使いこなすには少し工夫が必要だ。どうすればより効果的に使いこなすことができるのだろうか?今回はツールの育て方を紹介する。

資生堂はセルフサービスBIをここで使う、目指すは「モノ」から「ヒト」へのデータ分析 : イベントレポートアーカイブ:

約290万人が利用する資生堂のWebサービス「ワタシプラス」、資生堂ではこれらの会員情報をEC売り上げ拡大や、店舗送客などどのように活用しているのか。巨大なDMPの活用方法について詳しく聞いた。

セルフサービスBI導入の失敗、4つのあるある事例 : そこが知りたい!セルフサービスBI:

セルフサービスBIを漠然と導入すると、無駄な投資になりかねない。導入方法や使い方を誤らないために、あらためてセルフサービスBIへの正しい認識を紹介する。

セルフサービスBI導入前の注意点 : そこが知りたい!セルフサービスBI:

セルフサービスBIは汎用(はんよう)性も高く機能も豊富だが、せっかく導入してもうまく活用できなければ意味がない。小さく始めて大いに活用するポイントを紹介する。

タブローユーザー1100人以上、NTTデータがセルフサービスBIを社内に普及させるまで : イベントレポートアーカイブ:

セルフサービスBIを使いこなす従業員が1100人もいるNTTデータ。ユーザー部門が主体となってダッシュボード制作やデータ分析やできるといわれるセルフサービスBI、そこで情シスが持つべき役割は何だったのだろうか?

セルフサービスBIのコスト感は? : そこが知りたい!セルフサービスBI:

セルフサービスBIは手軽に使えるものとして評判が高いが、利用形態やプランが豊富に用意されているため自社に最適な契約を行うには検討が必要だ。

徹底比較 これは使えるセルフサービスBI 4選 : そこが知りたい!セルフサービスBI:

注目を浴びるセルフサービスBI、専業ベンダーの2製品とMS、Google製品の特徴を紹介する。自社のニーズに合うものはどれだろうか?

セルフサービスBIの活用方法とは? : そこが知りたい!セルフサービスBI:

セルフサービスBIはどんなシーンで役立てることができるのか。チェーン展開中店舗の売り上げ不振の原因は? ケーススタディーを通してその効果を見てみよう。

セルフサービスBIが使えるシーンとは? : そこが知りたい!セルフサービスBI:

セルフサービスBIはどんな場面で活躍するのだろうか? Excelでは見えにくかった答えを見つけることも。想定されるシーンを例にメリットを紹介する。

「セルフサービスbi 比較」に関するIT製品情報

セルフサービスBI 軽技Web

富士電機株式会社

簡単にデータベースを検索・活用でき、業務の効率化を実現

セルフサービスBI導入成功のヒント——IT部門に求められる新たな役割とは?

Tableau Japan株式会社

セルフサービスBIの登場でアジャイル性がより重視されるようになった結果、トップダウン型の分析アプローチは時代遅れとなった。ビジネス部門が主導するセルフサービス志向の分析ワークフローを構築するために、IT部門がすべきこととは?

ユーザーの積極活用とガバナンスを両立する、セルフサービスBI選びの秘訣とは?

Tableau Japan株式会社

BI市場での競争が激化し、またビジュアル分析など高度な分析ニーズの高まりもあり、自社に最適かつ長く使えるツールを選ぶのは困難になっている。特に最新のセルフサービスBI導入において、検討すべきポイントとは何だろうか。

「セルフサービスBI」移行ガイド:プラットフォーム選定の基準を徹底解説

Tableau Japan株式会社

あらゆる部門のユーザーが、自分でデータ分析を行える「セルフサービスBI」。現場のニーズに柔軟に対応できる一方、全社レベルのデータ活用を成功するには、IT部門だけではなくエンドユーザーも参加したプラットフォーム選びが鍵となる。

クラウドデータレイクとセルフサービスBIの活用で市場調査を高速化する

Talend株式会社

ビッグデータ活用の動きが強まる一方、データ処理にかかる時間とコスト、データ 活用に不可欠なリソース不足の問題が表面化している。ある製品の導入により、 予算や人員を増やすことなくデータ取得を効率化した事例を紹介する。

「セルフサービスbi 比較」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。