「セキュリティWAN一括」から探す!IT製品・セミナー情報

「セキュリティWAN一括」 に近い情報
「セキュリティWA」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「セキュリティWAN一括」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説WAN【Wide Area Network】とは?

WANとは、遠隔地に存在する複数のLAN同士を結ぶための広域ネットワークのこと。WANを大きく分類すると、2点間を自分専用の回線で直結して利用する方法(直結回線)と、2点間を通信事業者が提供する共用の回線を利用する方法(共用回線)とがある。直結回線は鉄道、共用の回線は道路に例えるとわかりやすい。例えば、東京から大阪に行く場合、直結(新幹線のぞみ)で行く場合、確実に3時間で到達する。それに対して共用回線(高速道路、車)で行く場合、渋滞していなければ8時間、ゴールデンウィークのように渋滞していれば何時間かかるかすらわからない。

「セキュリティWA」に関する特集



 「セキュリティ」という言葉は不思議な言葉だ。子供からお年寄りまで、誰もが当たり前のように使っているが、その解釈は人により異なり、つかみどころがない。キーマンズネットの「製品をさがす」からセキュリティに関するものを探すと、「ファイアウォール、IDS/IPS、PKI、暗号(化)、認証」とある。セキュリティWatchers読者諸兄は、すでにこれらに精通し、活用されていることと思うが、筆者に言わせると肝心なものが抜けている。それは「OSのセキュリティ強化」、俗に言う「セキュアOS」だ。あまり親しみやすい名前とは言えないが、実はセキュアOSは数あるセキュリティ技術の中でも特に身近で、効果を実感しやすいものだということから話を始めることにしよう。


カテゴリ  Linux | その他エンドポイントセキュリティ関連




 2012年9月20日、情報処理推進寄稿(IPA)では、未知の脆弱性などの検出を目的としたセキュリティテスト「ファジング(英名:Fuzzing)」に関するレポートを公開した。このレポートは、ファジングの有効性の実証及び普及の促進を目的とした「脆弱性検出の普及活動」の実績をもとにまとめたものだ。 今月の連載(計4回)は、このレポートをもとに「大まかなファジングの実践方法、及び特におさえておきたいポイント」を紹介する。2012年6月号のセキュリティWatchersでもファジングを取り上げたが、今回はその連載よりも実践的なものとお考えいただきたい。 本題に入るまえに、まずファジングとはどんなものかを簡単におさらいして、製品開発においてファジングを実施してほしいという思い(「脆弱性検出の普及活動」の目的)を伝えたい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「セキュリティWAN一括」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ