「セキュリティ RED HAT 設立」から探す!IT製品・セミナー情報

「セキュリティ RED HAT 設立」 に近い情報
「セキュリティ RED」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「セキュリティ RED HAT 設立」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「セキュリティ RED」に関するIT製品情報

セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice  2015/12/31


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Standard:3万8000円(税別)〜Professional:14万7200円(税別)〜Ultimate:4万円(税別)〜

カテゴリ  暗号化 | メモリ

製品概要  ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。

オススメユーザー  簡単に、低コストでセキュリティUSBメモリを導入したい。USBメモリからのウイルス感染や不正利用を防ぎたい企業向け。


HDD 暗号化ツール「SecureDoc Disk Encryption」  2015/04/01


クロス・ヘッド

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス:1万5000円(税別)〜

カテゴリ  暗号化 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  米国防総省で標準採用されているHDD丸ごと暗号化ソリューション。情報漏洩対策としてHDDや外部メディアの情報を保護する強力なエンドポイントセキュリティ製品。

オススメユーザー  ノートPCやHDD、エンドポイントメディアなどの紛失・盗難による情報漏洩の対策を検討している企業や部門


フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc  2016/11/29


ウィンマジック・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  暗号化 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。

オススメユーザー  従業員が社外でノートPCなどを使う機会が多く、セキュリティ向上のためハードディスクの暗号化と機器の一元管理を行いたい企業。


クラウド型ファイルサーバ 「FUSION Secure Drive」  2015/12/15


楽天コミュニケーションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用無料、最低利用期間なし▼基本サービス 月額費用 1200円/ユーザ▼利用ストレージ容量 月額費用 100円/GB※税抜

カテゴリ  ファイルサーバ | PCサーバ | 暗号化 | 認証 | ワンタイムパスワード

製品概要  Windowsエクスプローラで操作できる「使いやすい」クラウド型ファイルサーバ。暗号化通信、マトリクス認証を採用し、セキュリティは万全。

オススメユーザー  社内外でのファイル共有を安全かつ効率的に行いたい企業。ファイルサーバのクラウド移行を検討中の企業。


「セキュリティ RED」に関するセミナー情報

セキュリティのリスク可視化実践セミナー 締切間近

主催:ネットワークバリューコンポネンツ/後援:RedSeal


開催日

 12月8日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  ネットワーク管理 | その他ネットワークセキュリティ関連 | 統合運用管理

概要  もはや侵入されることを前提にセキュリティインシデント対策を行うのは常識となりつつありますが、そもそもネットワークに穴が空いている、ということはないでしょうか。組…

オススメユーザー  情報システム部の統括|ネットワークの設計・運用|経営者CIO


ハンズオンで学ぶ!未知の脅威対策

エムオーテックス


開催日

 12月16日(金)

開催地 愛知県   参加費 無料


カテゴリ  アンチウイルス | その他エンドポイントセキュリティ関連 | IT資産管理

概要  機械学習の活用で未知の脅威を検知し、セキュリティ強化を実現する「プロテクトキャット Powered by Cylance」をハンズオン形式で体験できるセミナーで…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|経営者CIO


ハンズオンで学ぶ!未知の脅威対策 締切間近

エムオーテックス


開催日

 12月9日(金)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  アンチウイルス | その他エンドポイントセキュリティ関連 | IT資産管理

概要  機械学習の活用で未知の脅威を検知し、セキュリティ強化を実現する「プロテクトキャット Powered by Cylance」をハンズオン形式で体験できるセミナーで…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|経営者CIO


「セキュリティ RED」に関する特集



 今回のコラムは、最近話題になっているスマートカーセキュリティに関するものだ。 「情報セキュリティ企業なのに、なぜスマートカー?」と思うかもしれないが、この問題は自動車業界でも、セキュリティ業界からも話題になっていたものである。スマートカーセキュリティに関する認識が変化してほしいという気持ちで、コラムを書いた。 2015年7月、米Wiredは、スマートカーに潜んでいる脆弱性に関する記事を出した(参考:https://www.wired.com/2015/07/hackers-remotely-kill-jeep-highway/Hackers)。「Remotely Kill a Jeep on the Highway-With Me in IT」という動画とともに公開され、かなりの反響を呼んだ。IoT(internet of Things、モノのインターネット)のさまざまな新技術への世間の関心と恐れを背景に、世界の多くの人々が普段意識せずに使っているモノをターゲットにするハッキングについて議論が巻き起こった。 IoTという今一番ホットなアイテムは産業を大きく発展させていくことは間違いなく、世の中は以前になく進歩を遂げていくことになるだろう。ただ、このIoTに対してのハッキングへの脅威は、ただものではない。 当社は、かれこれ19年以上セキュリティソリューション分野で活動しているが、IoT技術を取り入れた、いわゆるスマートカーを研究・生産する自動車メーカーに、セキュリティの側面で認識しておいてほしいことがある。競合他社より一刻も早くスマートカーを世に放ち、マーケットをリードしたいという思いは分かるが、そのスマートカーに潜んでいるセキュリティの問題を、一度熟考していただきたい。  Wiredの記事を執筆したアンディ・グリーンバーグ(Andy Greenberg)はテック専門記者で、NSA研究・セキュリティの専門家であるチャーリー・ミラー(Charlie Miller)とクリス・ヴァラセク(Chris Valasek)の要請を受け、実験に参加することになったわけだ。 まず、ミラーとヴァラセクは、実験対象となる自動車のECU(Electronic Control Unit、電子制御装置)をターゲットに、16キロ離れている別の自動車の後部座席からハッキングを成功させた。動画はこの一部始終を収めている。対象となったジープのSUV「チェロキー」は、FCA(フィアットクライスラーオートモービルズ)の無線通信システムである「Uconnect」を活用していた。 Uconnectは、それが開発された2013年以来、47万台の自動車に実装…


カテゴリ  WAF | その他スマートデバイス関連 | IPS | ファイアウォール




ITインフラ運用自動化の最後のピースだった「ネットワーク」。ソフトウェアで定義できるようになると、情シスの業務は何がどう変わる? 「Chefレシピで構成設定するようなもののネットワーク版でしょ」と侮るなかれ


カテゴリ  SDN | その他ネットワークセキュリティ関連 | ルーター | ネットワークスイッチ | IaaS/PaaS | データセンター運用 | ネットワーク管理 | 統合運用管理




 会社の規模、サーバ台数に関わらず、重要なデータが格納されているサーバのアカウント管理、権限管理は非常に重要な課題です。こういった問題を解決するための特権IDソリューションが、市場では数多くリリースされています。 特権IDソリューションは大きく分けて3つのタイプが存在しています。Super User Privilege Management(SUPM) 、Application to Application Password Management(AAPM) 、そして、Shared Account Password Management(SAPM)です。 SUPMは、職域とセキュリティポリシーを鑑み、特権昇格できる権限をコントロールする、いわば最小特権による管理の仕組みです。 AAPMは、スクリプトやバッチなどで、特権アカウントのID、パスワードを平文で記述しているのを廃し、スクリプト実行時に特権ソリューションのAPIを呼び出すことで、セキュアにアプリケーションを実行する事を可能にする仕組みです。 SAPMは、日本で最もポピュラーな特権ソリューションで、特権アカウントを適切に管理し、何時、誰が、どんなことを行ったかをトラッキングし、ワークフローによって申請処理を電子化していく仕組みです。 Centrifyは全ての特権IDをカバーした製品をご用意していますが、今回はSAPMに関してご説明させていただければと思います。


カテゴリ  ID管理 |


「セキュリティ RED」に関するニュース



 三井物産セキュアディレクション(MBSD)は、Alert Logicとのパートナーシップに基づいて、企業が利用するアマゾン ウェブ サービス(AWS)環境をサイバー攻撃から保護するためのセキュリティ監視サービス「AWSセキュリティ監視サービスsecured by Alert Logic」の提供を開始した。AWSセキュリティ監視サービスs…


カテゴリ  IDS | WAF | IaaS/PaaS | 運用系業務アウトソーシング




 株式会社富士通システムズ・イースト(FEAST)は、株式会社RedSealのサイバーセキュリティ分析プラットフォーム「RedSeal」と分析・診断サービスを組み合わせ、企業のネットワーク環境の脆弱性を可視化して分析する「FUJITSU セキュリティソリューション 脆弱性可視化サービス」の提供を開始した。「脆弱性可視化…


カテゴリ  セキュリティ診断 |




 ネットワールドは、RedSocksの、標的型攻撃の出口対策製品の新版「RedSocks Malicious Threat Detection(RedSocks MTD)3.5」の提供を開始した。RedSocks MTDは、ブラックリストとヒューリスティック検知を利用して、インターネットへの全通信から、悪意あるサイトへの通信をリアルタイムに検知できる。ランダムに…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「セキュリティ RED HAT 設立」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ