「セキュリティ IDS ソフトウェア」から探す!IT製品・セミナー情報

「セキュリティ IDS ソフトウェア」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「セキュリティ IDS ソフトウェア」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説IDS(侵入検知システム)とは?

IDS(Intrusion Detection System)とは、侵入(Intrusion)を検出(Detection)するシステムで、ネットワーク上に流れるパケットを監視し、攻撃や不正アクセスにつながる兆候などの検知を行う。ファイアウォールは単に、許可されたパケットを通過させ、禁止されているパケットを遮断するだけだが、それに対してIDSは、不正侵入を検出し、何らかの方法で管理者に通知する機能を持つ。ただし、IPS(Intrusion Protection System)のように防御までをカバーするわけではない。

「セキュリティ IDS ソフトウェア」に関する特集



 サイバースパイ行為の脅威は、昨今の報道から誰もが知るところだ。この脅威に対し、今組織として何を実施しなければならないのか整理しておく必要がある。前回までは、サイバースパイ行為の巧妙化と課題について述べた。少々乱暴だが、新たにセキュリティ対策機器を導入するだけでは防御は難しいと言わざるを得ない。そのため、現在のセキュリティ対策には、セキュリティに関する運用面でのフォローが重要となる。 セキュリティ運用といっても、セキュリティ機器の運用、パッチマネジメント、ウイルス対策ソフトウェアの定期スキャンなど様々である。多くのセキュリティ運用は、事案が発生していないことを前提とした事前対策に対するものだ。サイバースパイ行為は、これらの事前対策だけでは防御が難しい。そのため、既に被害を受けていることを前提にした対策が必要となる。 事後対策にはいくつかの方法が考えられる。例えば、「被害の早期発見」や「被害の軽減」などが一般的だ。前者は「サーバや通信のログ分析」、「IPS/IDS、振る舞い検知型のセキュリティ製品」などがある。また、後者は「暗号化」や「ファイルのアップロード制限」などがある。いずれも、一定の効果は見込めるが、被害を早期に発見するためにもログ分析は確実に実施しておきたい。また、被害の軽減に関しては、新たな技術も登場しており、資産の重要度と合わせて検討していきたい。


カテゴリ  データ分析ソリューション |




 ドアのカギを開けっ放しにして外出する人はほとんどいないはずだ。誰だって家の中の大事なモノを取られたくない。 だが企業や組織がインターネットに接続したり、Webサイトや公開サービスを立ち上げしたりする場合はどうだろう。インターネットと接続するということは、そのサイトを構成するサーバやデータベースから個人情報やクレジットカード情報などの情報を取られたり(窃取)、別のデータに書き換えられたり消されたり(改ざん、消去)、負荷をかけて利用しにくくするなど(サービス妨害)の危険(脅威)と隣り合わせになる。 したがって、上記の危険を避けるために、要塞化と呼ばれる最新のOS、ソフトウェアなどの利用、それらソフトの安全な設定、更にWebアプリケーション脆弱性対策やファイアウォール、IDS/IPSによるアクセス制限、攻撃の検知・遮断など、何らかのセキュリティ対策は実施している“はず”だ。


カテゴリ  セキュリティ診断 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「セキュリティ IDS ソフトウェア」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ