「セキュリティ 略語 CR」から探す!IT製品・セミナー情報

「セキュリティ 略語 CR」 に近い情報
「セキュリティ CR」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「セキュリティ 略語 CR」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「セキュリティ CR」に関するIT製品情報

誤送信防止ソリューション「MAILSCREEN」  2018/04/24


トライポッドワークス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  メールセキュリティ | メールアーカイブ | 暗号化 | アンチウイルス

製品概要  送信メールによる情報漏えいを防ぐ様々な機能を装備。誤送信対策から添付ファイルのセキュリティ、Gmail対応など多彩な機能を備えたメールセキュリティソリューション。

オススメユーザー  電子メールの誤送信対策を安価に実施したい企業やアーカイブを実施したい企業。


RSA CyberCrime Intelligence Service  2013/03/27


EMCジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | アンチウイルス | メールセキュリティ

製品概要  RSAが収集した最新のマルウェア情報を日次・週次で企業に提供するサービス。セキュリティ機器との連携により、不正侵入や情報漏洩リスクに早急な対応を行うことができる。

オススメユーザー  社内PCのマルウェアへの感染や、情報漏洩を防止したい企業。マルウェアの脅威に対し、早急かつ適切な対策を行いたい企業。


Microsoft Exchange  2012/04/03


日本マイクロソフト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 クラウドサービス(Exchange Online)の場合:1ユーザー月額209円〜 (税別)

カテゴリ  グループウェア | ファイル共有 | プロジェクト管理 | メールセキュリティ | その他エンドポイントセキュリティ関連 | 統合運用管理

製品概要  ◎メール起点とした効率的ビジネスを実現◎オンプレミス型とクラウド型を自由に選べるほか、両者のシームレスな併用も可能◎セキュリティ、コンプライアンス対策も充実

オススメユーザー  ◎社員の生産性をアップしたい ◎メールやドキュメントのセキュリティを強化したい ◎ITコストを削減したい 企業


HDD 暗号化ツール「SecureDoc Disk Encryption」  2015/04/01


クロス・ヘッド

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス:1万5000円(税別)〜

カテゴリ  暗号化 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  米国防総省で標準採用されているHDD丸ごと暗号化ソリューション。情報漏洩対策としてHDDや外部メディアの情報を保護する強力なエンドポイントセキュリティ製品。

オススメユーザー  ノートPCやHDD、エンドポイントメディアなどの紛失・盗難による情報漏洩の対策を検討している企業や部門


メール誤送信防止ソフトウェア 「CipherCraft/Mail」  2018/04/01


NTTテクノクロス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ライセンス価格 50ユーザ 24万5000円(税別)

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  ・10年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止

オススメユーザー  ・メール誤送信による情報漏洩を未然に防ぎたい企業・社内のメールセキュリティポリシーを統一したい情報システム担当者


「セキュリティ CR」に関するセミナー情報

侵入を前提としたエンドポイントセキュリティ対策セミナー

日立システムズ/日立産機システム/情報処理推進機構/ジェイティ エンジニアリング


開催日

 6月29日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他物理セキュリティ関連 | その他ネットワークセキュリティ関連

概要  昨今、データを暗号化して身代金を要求するランサムウェア「Wannacry」など、世界に影響を与えるサイバー攻撃が日々増加してきております。こうしたサイバー攻撃が…

オススメユーザー  システムの設計・運用|情報システム部の統括


Crowd Strike徹底体感セミナー 締切間近

マクニカネットワークス


開催日

 5月28日(月)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |

概要  サイバー攻撃やランサムウェアの被害が後を絶たず、最近の攻撃は情報窃取はもとより、“破壊”に及ぶケースもあり、大きな問題となっています。そんな中、多くのお客様は「…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用


「セキュリティ CR」に関する特集



 前回は、コモンクライテリア(ISO/IEC15408)の概要と意義について紹介した。今回は、「CC承認アレンジメント」(CCRA)や、コモンクライテリア(Common Criteria:以後CCと呼ぶ)の認証製品例、国内における認証制度の流れについて解説していきたい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 今回はコモンクライテリア(Common Criteria:以後CCと呼ぶ)に対する、政府機関やIT基盤税制の取り組みについて紹介していきたい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 2010年7月13日、Microsoft はWindows 2000ファミリのサポートを終了する。サポート終了を前にして、各企業や組織は、これまで利用していたWindows 2000ファミリの移行に頭を悩ませていることだろう。サポート切れのOSを利用し続けることは、セキュリティ上大きな課題がある。IT担当者であれば、「そんなことは言われなくてもわかっている」と言いたくなるだろう。レガシーOSの利用を続ける企業には、アップデートしたくてもできない事情があるのだ。本連載では、サポートが終了したレガシーOSを使い続けることのリスクと課題、それを踏まえたうえでどのような対策が可能か、セキュリティの観点で解説したい。


カテゴリ  その他サーバーOS |


「セキュリティ CR」に関するニュース



 三井物産セキュアディレクション(MBSD)は11月20日、クラウド基盤「Microsoft Azure」「AWS(アマゾン ウェブ サービス)」環境のセキュリティ対策として、「クラウドセキュリティ監視サービス secured by Alert Logic」の提供を開始した。価格は月額20万円(税別)から。本サービスでは、ユーザーの環境に設置す…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | 運用系業務アウトソーシング




 NRIセキュアテクノロジーズは4月1日、エンドポイント(端末)セキュリティの監視、調査、対応サービス「マネージドEDR(Endpoint Detection and Response)サービス」の提供を開始する。これに先駆けて1月25日、本サービスの前提となるCrowdStrikeのセキュリティ対策製品「CrowdStrike Falcon」を発売した。本サー…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 ソフトクリエイトは12月7日、サーバのセキュリティ対策に向けた複数の機能を管理サーバ不要で利用できるクラウドサービス「Trend Micro Deep Security as a Service Provided by SCCloud」の提供を開始した。価格はサーバ1台当たり月額1万7800円。本サービスでは、サイバー攻撃からサーバを守るために、複数のセキ…


カテゴリ  アンチウイルス | IPS | ファイアウォール | UTM



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「セキュリティ 略語 CR」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ