「セキュリティ 物理的」から探す!IT製品・セミナー情報

「セキュリティ 物理的」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「セキュリティ 物理的」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「セキュリティ 物理的」に関する特集



 前回解説したとおり、ITインフラを立ち上げる際に、従来は物理的なハードウェアを利用してサーバを運用するのが主流であったが、昨今、企業におけるITインフラに対する要求の変化と経済情勢に伴うコスト意識に対応するシステムとして仮想化が注目されている。 仮想化は様々な利便性をもたらす一方でセキュリティ上の課題はないのか?という疑問を抱いているIT管理者、意思決定者は多いのではないか。今回は仮想化によってセキュリティ対策がどう変化するのかについて解説しよう。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他仮想化関連




前回は、企業が情報セキュリティ対策を行うにあたり「守るべきもの」を決めること、情報セキュリティの要が「人」であることなどをご説明しました。そして情報セキュリティ対策には組織的対策、技術的対策、物理的対策、人的対策の4つのポイントがあります。それを踏まえた上で今回からはいよいよ対策をご説明していくことになりますが、その前にやるべきことがあります。それは現状の確認です。 すでに情報セキュリティ方針が制定され、規程やルールなどを整備し、システム的な対策も実施して情報セキュリティ対策を運用している方もいらっしゃると思いますが、それが経営層や従業員に本当に理解され、適切な運用をされているのかどうか、確認をされていますでしょうか? 情報セキュリティ対策を実施する前に現状を把握することはとても重要です。現状を把握しないと本当に必要な対策が施せず、情報セキュリティリスクを下げることはできません。


カテゴリ  ファイアウォール | IPS | IDS | 検疫 | メールセキュリティ




暗号化として馴染みのあるRSAのアルゴリズムから、標準技術「AES」、情報の漏洩を物理的に感知する「量子暗号」まで、最新暗号を体系的に解説!


カテゴリ  暗号化 | その他ネットワークセキュリティ関連


「セキュリティ 物理的」に関するニュース



 ペンタセキュリティシステムズ株式会社(ペンタセキュリティ)は、暗号鍵管理システム「D’Amo SG-KMS」に、量子乱数発生器やハードウェアセキュリティモジュールを追加した「セキュリティー強化パッケージ」をリリースした。「D’Amo SG-KMS」は、暗号化・復号化に使用する鍵を物理的に管理可能にするシステム。…


カテゴリ  暗号化 |




 ALSOKは、地域金融機関向けに、外部からのウイルス侵入を監視するITを用いたセキュリティサービスと、情報持出しを監視する出入管理システムなど物理的なセキュリティサービスを一元的に行うことで、さまざまな情報漏えいリスクに少人数で対応可能にする「地域金融機関向けサイバーセキュリティソリューション」の…


カテゴリ  入退室管理システム | 特定業種向けシステム | アンチウイルス



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「セキュリティ 物理的」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ