「セキュリティ 機器 サーバ ファイヤーウォール」から探す!IT製品・セミナー情報

「セキュリティ 機器 サーバ ファイヤーウォール」 に近い情報
「セキュリティ 機器 サーバ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「セキュリティ 機器 サーバ ファイヤーウォール」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「セキュリティ 機器 サーバ」に関するIT製品情報

IT資産管理ソフトSS1<System Support best1>  2017/09/30


ディー・オー・エス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ◆基本機能※ライセンス数に応じた価格設定<各税別>【参考価格】・50ライセンス/25万円 ・500ライセンス/235万円

カテゴリ  IT資産管理 |

製品概要  IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。

オススメユーザー  IT資産(PC、サーバー、ネットワーク機器など)の統合管理を効率的に行いたいと考えている企業、管理者。


クラウドストレージ「CloudDataBank」  2014/10/31


ラネクシー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●アプライアンスサービス(アプライアンス機器+クラウドストレージ+ハードウェア保守)初期費用:10万円月額費用:5万円〜※税別

カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ | ファイルサーバ | その他ストレージ関連 | バックアップサービス

製品概要  専用アプライアンスを併用することによって、万全のセキュリティを装備したクラウドストレージサービス。既存のネットワーク環境に変更を加えず、シンプルな導入が可能。

オススメユーザー  膨大な企業内データの管理にクラウドストレージを活用したいが、セキュリティ面での不安があり、導入を思いとどまっている企業。


UTM/Firewall/Proxyログ一括管理 ManageEngine Firewall Analyzer  2017/11/07


ゾーホージャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 年間ライセンス:12万2000円〜永年ライセンス:29万8000円〜※税別

カテゴリ  UTM | ファイアウォール | その他ネットワークセキュリティ関連 | 統合ログ管理

製品概要  分かりにくいUTM/ファイアウォール/プロキシの生ログをグラフィカルで見やすくレポート出力できるログ管理ツール。Juniper、Ciscoなど30ベンダー以上の主要機器に対応。

オススメユーザー  UTM/ファイアウォール/プロキシサーバのログを可視化し、セキュリティレベルを高めたい企業。ログ解析を迅速に行いたい企業。


ManageEngine(R) Password Manager Pro  2014/12/01


ゾーホージャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 年間ライセンス 86万円〜通常ライセンス 215万2000円〜 ※いずれも税別

カテゴリ  ID管理 | ワークフロー | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  サーバ、データベース、ネットワーク機器、アプリケーションなど、組織の重要なITリソースの特権IDへのアクセスを自動化できる、Webベースの特権ID管理ツール。

オススメユーザー  特権ID管理をやらなければならないと思っていながら、適切に行えていない企業。手作業による特権ID管理に限界を感じている企業。


「セキュリティ 機器 サーバ」に関する特集



 仮想化技術は、昨今注目されるITの新潮流のひとつであるが、仮想化環境の導入の要因のひとつとしてレガシーOSの延命があげられる。レガシーOS上で稼働しているアプリケーションを新しいOSへ移行するための開発コストがない場合や、基幹系システムと連携しているため新しいOSに乗せかえられない等の理由でレガシーOSを使い続けなければならないユーザは、サーバ仮想化技術を用いることでレガシーOSを使い続けることができる。仮想化技術を用いることにより、セキュリティとは別の問題である、レガシーシステムの機器自体の耐用年数の問題を解決することが可能だ。また、仮想マシン上でセキュリティ対策を行うことで、現状のレガシーシステムを維持したままセキュリティ対策を行う事が可能になる。


カテゴリ  その他仮想化関連 | その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連




 セキュリティ事故発生から (Vol.1)インシデントレスポンスと、 (Vol.2)アセスメントによる改善・強化策のプロセスを説明してきました。本連載(全4回)の第3回では、社内のネットワーク上での不正アクセスや内部犯による情報窃取を見逃さないためにも、多くのネットワーク機器・サーバー、不正防御検知システムや管理機器の出力するログ管理と分析活動から、企業の重要なリスク回避につながる基本的なプロセスを取り扱います。


カテゴリ  統合ログ管理 | ID管理




 サイバースパイ行為の脅威は、昨今の報道から誰もが知るところだ。この脅威に対し、今組織として何を実施しなければならないのか整理しておく必要がある。前回までは、サイバースパイ行為の巧妙化と課題について述べた。少々乱暴だが、新たにセキュリティ対策機器を導入するだけでは防御は難しいと言わざるを得ない。そのため、現在のセキュリティ対策には、セキュリティに関する運用面でのフォローが重要となる。 セキュリティ運用といっても、セキュリティ機器の運用、パッチマネジメント、ウイルス対策ソフトウェアの定期スキャンなど様々である。多くのセキュリティ運用は、事案が発生していないことを前提とした事前対策に対するものだ。サイバースパイ行為は、これらの事前対策だけでは防御が難しい。そのため、既に被害を受けていることを前提にした対策が必要となる。 事後対策にはいくつかの方法が考えられる。例えば、「被害の早期発見」や「被害の軽減」などが一般的だ。前者は「サーバや通信のログ分析」、「IPS/IDS、振る舞い検知型のセキュリティ製品」などがある。また、後者は「暗号化」や「ファイルのアップロード制限」などがある。いずれも、一定の効果は見込めるが、被害を早期に発見するためにもログ分析は確実に実施しておきたい。また、被害の軽減に関しては、新たな技術も登場しており、資産の重要度と合わせて検討していきたい。


カテゴリ  データ分析ソリューション |


「セキュリティ 機器 サーバ」に関するニュース



 日本IBMは10月1日、マルチベンダー環境に対応するセキュリティ運用・監視のクラウドサービス「Intelligent Security Monitoring(ISM)」と「Intelligent Log Management(ILM)」の提供を開始する。ISMは、ネットワーク機器やサーバ、アンチウイルスソフトなどさまざまな製品のログを収集し、保管・閲覧環境を提供…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | 統合ログ管理




 ジュピターテクノロジーは、特権ユーザー管理アプライアンス「Shell Control Box(SCB)」の新バージョン(5LTS)をリリースする。価格は、10ホストのバーチャルアプライアンスの場合で325万円(税別)から。Balabitが開発する本製品は、特権ユーザーによるサーバへのアクセスを監視し、操作ログの動画記録などの監…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | フォレンジック



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「セキュリティ 機器 サーバ ファイヤーウォール」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ