「セキュリティ 分析 製品」から探す!IT製品・セミナー情報

「セキュリティ 分析 製品」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「セキュリティ 分析 製品」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「セキュリティ 分析 製品」に関するIT製品情報

LOG@Adapter(ログアダプタ)  2017/02/07


エイチ・シー・ネットワークス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ソフトウェア+初年度サポート20ライセンス:40万円40ライセンス:80万円無制限ライセンス:150万円※税別価格

カテゴリ  統合ログ管理 | UTM | 検疫 | フィルタリング | メールセキュリティ | データ分析ソリューション

製品概要  企業内のSyslogを収集・管理するソフトウェア製品。社内の不正操作を監視することで情報漏洩の抑止と発生後の調査を実現する。※ハードウェア版あり

オススメユーザー  情報漏洩対策として、ログの収集・管理を手軽に一元管理したいユーザ。企業コンプライアンスの強化を図りたいユーザ。


WAPPLES  2016/05/01


ペンタセキュリティシステムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 224万円(税別)

カテゴリ  WAF |

製品概要  独自のルールベース(ロジック分析エンジン)で、導入・運用負荷を大幅に軽減する高精度のWAF製品。サイバー攻撃、遠隔ウイルスによる攻撃などへの備えに。

オススメユーザー  サイバー攻撃や遠隔操作ウイルスなどへの対策を考えている企業。Webアプリケーションをサイバー攻撃から守りたい企業。


ログソフトウェア「IVEX Logger Series」  2014/10/15


アセンテック+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  統合ログ管理 | データベースソフト | メールセキュリティ | データ分析ソリューション

製品概要  仮想・物理環境問わず、Windows OS上での操作ログを生成・取得する製品。接続元の端末情報などの詳細ログ、仮想・物理混在環境でログを取得し、一元管理が可能。

オススメユーザー  クライアントPC・サーバ・VDI・SBC・リモートアクセス・仮想化(シンクライアント)環境で操作ログを取得したい企業。


「セキュリティ 分析 製品」に関する特集



前回のコラムで紹介したProxyサーバだけでなく、UTM製品からも有用なログを得られるケースがあります。一般的にUTM製品は、フ…


カテゴリ  UTM | ファイアウォール | その他ネットワークセキュリティ関連




 サイバースパイ行為の脅威は、昨今の報道から誰もが知るところだ。この脅威に対し、今組織として何を実施しなければならないのか整理しておく必要がある。前回までは、サイバースパイ行為の巧妙化と課題について述べた。少々乱暴だが、新たにセキュリティ対策機器を導入するだけでは防御は難しいと言わざるを得ない。そのため、現在のセキュリティ対策には、セキュリティに関する運用面でのフォローが重要となる。 セキュリティ運用といっても、セキュリティ機器の運用、パッチマネジメント、ウイルス対策ソフトウェアの定期スキャンなど様々である。多くのセキュリティ運用は、事案が発生していないことを前提とした事前対策に対するものだ。サイバースパイ行為は、これらの事前対策だけでは防御が難しい。そのため、既に被害を受けていることを前提にした対策が必要となる。 事後対策にはいくつかの方法が考えられる。例えば、「被害の早期発見」や「被害の軽減」などが一般的だ。前者は「サーバや通信のログ分析」、「IPS/IDS、振る舞い検知型のセキュリティ製品」などがある。また、後者は「暗号化」や「ファイルのアップロード制限」などがある。いずれも、一定の効果は見込めるが、被害を早期に発見するためにもログ分析は確実に実施しておきたい。また、被害の軽減に関しては、新たな技術も登場しており、資産の重要度と合わせて検討していきたい。


カテゴリ  データ分析ソリューション |




 製品開発にファジングを導入する場合、セキュリティテストが1つ増えるためテスト工数の増加につながる。ファジング導入によるテスト期間への影響を最小限におさえるためには、ファジングによるバグや脆弱性の発見数が増えなくなるテスト期間を見極めることが重要だ。 企業や組織においてファジングに取り組んでいるご担当者様とお話しすると、どのご担当者様も「どれだけファジングを実施すればよいのか」という課題をお持ちであった。特に製品開発におけるテスト期間そのものが短い場合、「十分にファジングを実施する時間もないが、(ファジングで発見できる)バグや脆弱性を見逃したくない」というジレンマに陥る。これはIPAの活動においても同様だ。 今回は、IPAの活動におけるブロードバンドルータ6機種に対するファジングの脆弱性発見までの期間とテスト件数を分析して、ファジングに掛かる時間を考察していきたい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「セキュリティ 分析 製品」に関するニュース



 インフォメーション・ディベロプメント(ID)は、正常なネットワークの通信状態を機械学習し、人工知能(AI)技術で危険な兆候を相関分析できるセキュリティ製品「Seceon OTM」を発売した。Seceonが提供する本製品は、AIや機械学習、外部の脅威情報との連係、ビッグデータの高速解析など、さまざまな機能や情報を用…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | アンチウイルス | その他データ分析関連




 ノベルは、SIEM(Security Information and Event Management)製品の新版「NetIQ Sentinel 8.0」の出荷を開始した。オープン価格。本製品は、ログ管理とリアルタイム相関分析、検知の機能を提供する。さまざまなシステムが生成するセキュリティイベントログを収集し、リアルタイムで脅威の検知、アラートを行い、…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | 統合ログ管理




 マクニカネットワークスは、利用者のシステム操作証跡を録画し、内部不正リスクを可視化するソフトウェア「ObserveIT」(ObserveIT製)の提供を開始した。本製品は、USBデバイスへの重要データの書き出しなど、ログが残るシステム操作だけでなく、システム管理ツールやテキストエディタなど、ログ生成機能のないア…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他データ分析関連 | フォレンジック



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「セキュリティ 分析 製品」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ