「セキュアSAMBA 宛先」から探す!IT製品・セミナー情報

「セキュアSAMBA 宛先」 に近い情報
「宛先」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「セキュアSAMBA 宛先」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「宛先」に関するIT製品情報

Outlook階層型アドレス帳  2017/06/01


テックインフォメーションシステムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 利用ユーザー数に応じてライセンス料金を設定。

カテゴリ  その他メール関連 | その他情報共有システム関連 | 電子メール

製品概要  指定された書式で記述された外部アドレス帳ファイルを取り込み、該当する組織に属したユーザーをツリー状に一覧表示して、メールの宛先/CC/BCCに設定するツール。

オススメユーザー  メール作成時のアドレス選択をスムーズに行い、宛先間違いや送信漏れを防止したい企業。


FNX e-帳票FAXサービス  2013/11/15


ネクスウェイ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 1枚19円(税別)〜※ボリュームによって、割引プランのご用意もあります。詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  帳票管理システム | FAXサービス | 暗号化 | その他運用管理関連

製品概要  テキストデータ(CSV)またはイメージデータ(PDF、TIFF)を指定した宛先へ送信。送信管理ツールも無料で提供、FAX配信を一元管理できる。※一部オプションあり

オススメユーザー  帳票の自動FAXを検討している、または自社FAXサーバからの切替えを検討している企業。


AUTO帳票シリーズ  2013/02/01


日本テレネット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 18円/枚〜(税別)※通信費含む

カテゴリ  電子帳票システム | 帳票管理システム

製品概要  様々なファイル形式(Office、PDFなど)やテキストデータから作成した帳票を、指定宛先へ一括配信。Webにより履歴管理や再送信も簡単操作。基幹系システムとの連携も可能。

オススメユーザー  帳票類の作成・FAX送信を自動化することで業務効率化とFAXサーバからの切り替えによるコスト削減を実現したい企業。


「宛先」に関する特集



宛先&添付違いの送信済みメール・・。うっかりミスで冷や汗をかく前に!メールフィルタリングを3分でサクッと理解しましょう!


カテゴリ  その他メール関連 | フィルタリング




業務に追われて慌ててしまい、宛先をよく確認せずにメールを誤送信してしまった経験ありませんか?これが重要情報ならば情報漏洩に!思わぬトラブルを引き起こすメールの誤送信を減らす有効な方策を紹介します。


カテゴリ   |


「宛先」に関するニュース



 サテライトオフィスは、「Gmail」でユーザーが以前送信したメールを基に、メールを再作成する機能「サテライトオフィス・再送信メール作成機能 for G Suite」の無償提供を開始した。本機能では、宛先、CC、BCC、件名、本文、添付ファイルを既存メールから引き継げ、さまざまなメールテンプレートとして利用できる…


カテゴリ  電子メール |




 ライフボートは、ファイル暗号化ソフトウェア「LB ファイルロック3 Pro」を7月14日に発売した。「パスワードの自動生成機能」や、特定の相手にはパスワードが不要になる「宛先指定機能」などが特長だ。本ソフトでは、暗号化したいファイルやフォルダをアプリケーションアイコンにドラッグ&ドロップする操作でファ…


カテゴリ  暗号化 |




 エアーは、メールアーカイブ・監査ソリューション「WISE Audit」の新バージョンを発売する。今回の新バージョンの主な特長は2つ。1つ目はアーカイブデータ容量の削減だ。メール受信の前段で宛先ごとなどに分割された場合の同一メールに対し、メールの本文と添付ファイルを含むボディ部分を1件のみアーカイブする「…


カテゴリ  メールアーカイブ | フォレンジック



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「セキュアSAMBA 宛先」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ