「スライド認証」から探す!IT製品・セミナー情報

「スライド認証」 に近い情報
「スライ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「スライド認証」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説認証とは?

認証とは、クライアントPCや社内ネットワーク/システムへのアクセス、あるいはオフィス自体への入退室を行う際に、正規なユーザ本人か否かを判定することでセキュリティを確保する仕組み。ID/パスワードを入力させる方式のほか、指紋認証などのバイオメトリクス(生体認証)、ワンタイムパスワード、USBトークン、電子証明書などが利用され、それらを組み合わせた二要素認証を用いる場合もある。

「スライ」に関するIT製品情報

Citrix XenMobile  2015/02/27


シトリックス・システムズ・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 デバイスライセンス年額: 7500円〜(税別)

カテゴリ  MDM | その他スマートデバイス関連 | ファイル共有

製品概要  企業のモバイル環境を統合的に管理するエンタープライズ向けソリューション。高いセキュリティを保ちつつ、ユーザの生産性を向上させる各種機能やアプリケーションが充実。

オススメユーザー  モバイル環境の管理をエンタープライズレベルのセキュリティで行いたい企業。ユーザの更なる生産性向上を実現したい企業。


統合バックアップソリューション 「Backup Exec」  2017/02/17


ベリタステクノロジーズ

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス:約18万円(税別)〜

カテゴリ  バックアップツール | バックアップサービス

製品概要  幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。

オススメユーザー  クラウドや仮想環境に対応できるバックアップツールをお探しの企業。バックアップデータの遠隔地保管を行いたい企業。


Citrix XenDesktop 7  2014/04/01


シトリックス・システムズ・ジャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●希望小売価格/税別ユーザ/デバイス ライセンス 1万7100円〜同時接続ユーザ ライセンス 3万5100円〜

カテゴリ  VDI | リモートアクセス | シンクライアント | その他ネットワークセキュリティ関連 | サーバー管理

製品概要  Windowsアプリケーション及びデスクトップの仮想化ソリューション。スケーラブル、シンプル、効率的に、管理性の高いデリバリを行える。

オススメユーザー  デスクトップ仮想化によるワークスタイル革新を行いたい企業。Windows XPからデスクトップ仮想化への移行を行いたい企業も。


「スライ」に関する特集



 前回は、Webサーバの脅威とその背景について紹介した。攻撃者の関心が自己顕示から金銭目的に移行したため、今後もWebサーバへの攻撃が予想される。第2回目の今回は、Webサイトへの新たな脅威が続々と登場する中、Webサーバの導入時にWebサイト管理者はどのような点を考慮する必要があるか紹介する。  Webサイトに関する事件(インシデント)は、日常的に発生している。ではなぜ、Webサイトに関するインシデントは起こってしまうのだろうか?Webサイトに関するインシデントが多発している現状を踏まえながら紹介したい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




弊社では、いきなり各プロセスの細部の作りこみに着手するのではなく、まずサービスのライフサイクルを通じた“情報の流れ”を整理した。例えるなら、人間の体は全ての器官が連携して機能することで健康な体を保つことができるが、例えば胃だけが元気で食べ物や飲み物をどんどん受け入れられても、小腸や大腸が栄養や水分を十分に消化吸収することができない状態だと、かえって体を壊してしまいかねない。これと同じように、サービスマネジメントでは各ライフサイクルステージのプロセスがお互いの状態を理解して連携しないと、ライフサイクル全体で一貫したサービスによる価値の提供ができなくなる。そこで、まずサービスライフサイクル全体を通じた重要な情報を定義して、各プロセス間のインプットとアウトプットが円滑に流れるようにすることを目標にした。また、弊社ではITIL V3の全プロセスを独立して利用するのではなく、管理上の効率性を考慮し、プロセス・オーナが同一のプロセスは1つのプロセスとして利用することにした。更に、実際のサービス設計フェーズとサービス移行フェーズは、サービス開発プロジェクトとして進めるので、プロジェクト管理上の各フェーズにITILのプロセス管理で必要な活動と情報をマッピングした(図4)。


カテゴリ  サービスデスク |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「スライド認証」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ