「ストレージエンクロージャとは」に近い情報
「ストレージ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ストレージ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ストレージとは?

「ストレージ」とはプログラムやデータを記憶する媒体と装置のこと。「HDD(ハードディスクドライブ)」や「テープストレージ」「フラッシュストレージ」のような半導体記憶装置の他、「記録型CD」や「記録型DVD」といった光学ディスクメディアにデータを読み書きする「光学ディスクドライブ」もこれにあたる。ストレージをネットワーク経由で利用する「ネットワークストレージ」技術や製品、サービスも数多く登場しており、「NAS」「SAN」「ストレージ仮想化」「iSCSI」などがネットワークストレージに関連する。さらに、インターネットやクラウドを介してストレージを利用できるオンラインストレージやファイルストレージ、クラウドストレージサービスもある。

「ストレージ」に関する記事情報

GPUを必要とする計算処理の存在感が増加 : 市場成長予測アーカイブ:

GPUやFPGAなどを搭載したサーバとそれに接続される外付型ストレージを合わせた「アクセラレーテッドコンピューティング」は、2022年に978億2300万円まで成長する。

「エンタープライズインフラ」シェア(2017年) : シェア情報アーカイブ:

サーバとストレージを合算したエンタープライズインフラの2017年国内市場規模は6346億円だった。トップシェアのベンダーはどこ?

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第1四半期) : シェア情報アーカイブ:

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比5.4%増。前回調査から半年で上位2社が逆転した。

「外付型ストレージ」シェア(2017年第4四半期) : シェア情報アーカイブ:

フラッシュストレージへの移行が顕著となった外付型ストレージ市場。シェア1位の国内ベンダーとは?

企業向けストレージ市場、クラウド化の影響は? : 市場成長予測アーカイブ:

クラウド化の流れはストレージ業界にも大きな影響を与えている。2017年の国内企業向けストレージシステム市場規模は前年比2.3%減の2988億2800万円と見込まれる。

企業向けITインフラの市場規模は? キーワードは「DX」 : 市場成長予測アーカイブ:

サーバやストレージ、データセンター向けネットワークといったITインフラはDX推進を支えるための基盤ともいえる。2017年の市場規模はおよそ7213億円だった。

「外付型ストレージ」シェア(2017年第2四半期) : シェア情報アーカイブ:

HDDからオールフラッシュへの移行が進む外付型エンタープライズストレージ市場。シェア情報を紹介する。

アーカイブ需要に復権をかけるテープストレージの今 : すご腕アナリスト市場予測:

テープ運用の経験がない、そんな世代も珍しくないテープストレージが活路を見いだすアーカイブ需要。テープの復権はあるのか?

1巻で約330TBを記録できる「スパッタテープ」とは? : 5分で分かる最新キーワード解説:

1巻で現行テープの約22倍という大容量化を実現した「スパッタテープ」。テープストレージの進化はまだまだ続く。

「外付型ストレージ」シェア(2017年第1四半期) : シェア情報アーカイブ:

外付型エンタープライズストレージ市場は、HDDからフラッシュストレージへの移行が進む。シェア情報を紹介する。

「ストレージ」に関するIT製品情報

オブジェクトストレージの利点を最大限生かした欧州自動車メーカーの活用例

クラウディアン株式会社

オブジェクトストレージは大量データの効率的な管理以外にもさまざまな特長を備えている。ドイツの大手自動車メーカーでは、オブジェクトストレージのメリットを最大限に生かして世界複数拠点のデータ管理の課題解決に取り組んでいる。

少額投資でデータ管理運用負荷を解消する「オブジェクトストレージ」基礎知識

クラウディアン株式会社

加速度的に増え続ける多種多様なデータを効率よく管理できるアーキテクチャとして、オブジェクトストレージへの注目度が高まっている。少額の投資でスモールスタート可能なオブジェクトストレージとその活用例を紹介する。

最適なHCIを選ぶために理解したい、ストレージ構成の3つの手法が生む違いとは?

ネットアップ株式会社

コスト抑制や統合的な管理など各ベンダーが提供するHCIのメリットは似通っているが、アーキテクチャには違いがある。自社に合ったシステムを選択するには、特に「ストレージの耐障害性」に関する3つのアプローチを理解することが必要だ。

平均60%以上の容量削減&I/O性能向上を実現、シンプル化を徹底追求したHCIとは

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

多くの企業で導入が進むHCIだが、従来製品にはI/O性能の低下やストレージ容量の無駄など課題もあった。それらを解決し高パフォーマンスを実現したHCIの特長と優位性を参考事例とともに紹介する。

DR対策で注目のNAS、FlashBladeを最大活用し高速リストアを実現する方法

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

地震などの自然災害や、サイバー攻撃の被害に遭ったとき、サービスの停止を防止する、もしくは1秒でも早く復旧することが組織には求められる。リストアを高速化し、経済損失を最低限に抑えるために考えうる最高のシステムとは?

「ストレージ」に関する新着セミナー

Box、Dropboxとの比較、ユーザー数無制限のオンラインストレージについて

オープンソース活用研究所

2018/11/27(火)15:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員17名 | ストレージ

再流行に乗り遅れるな!見逃せないテープストレージの最新技術と活用法

株式会社ネットワールド

2018/12/06(木)14:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員60名 | ストレージ

「Workplace by Facebook」「Dropbox Business」活用セミナー12/12

株式会社サテライトオフィス

2018/12/12(水)14:00~16:30

  • 東京都
無料 | 定員80名 | スマートデバイス | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「ストレージ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。