「ストレス反応 行動化」から探す!IT製品・セミナー情報

「ストレス反応 行動化」 に近い情報
「ストレス反応」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ストレス反応 行動化」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ストレス反応」に関する特集



 前回は、ストレスの概要と、ストレスには良いも悪いもない、感じ方の違いであるということをご説明しました。 今回は、もし自分たちの許容できる以上のストレスを感じた場合、ストレスが私たちの心や身体、行動にどういう結果をもたらすのか、説明したいと思います。このようなことをあらかじめ知識として身に着けておくことは、何らかの症状が現れたときに自ら気づき適切に対応するために必要であると考えます。 私たちは、自らにかかる負荷が、自分のキャパシティを超えて“ストレス”と感じると、その反応が心か体か行動かの3種の表現形式をとって現れてきます。これをストレス反応とも言い、その症状を「(ストレスの)表現形式」と言います。人それぞれのストレスの表現形式(つまり症状)は異なりますが、同じ人では、出てくる症状は大抵決まっています。 3つの表現形式のうち、本人にとって分かりやすいのは身体症状で、分かりにくいのが精神症状です。また、他人に分かりやすいのは行動に出る症状です。


カテゴリ   |




 私たちは、自らにかかる負荷が、自分のキャパシティを超えて“ストレス”と感じると、その反応が心か体か行動かの3種の表現形式をとって現れます。この症状を「(ストレスの)表現形式」と言い、人にもよりますが大まかに3つの表現形式に分けられます。 前回は「心に現れる症状」についてご説明しました。今回は他の2つ「身体に現れる症状」と「行動に現れる症状」について、解説したいと思います。


カテゴリ   |




 前回は「ストレス」とは何なのか?その定義についてストレス要因、ストレス耐性、ストレス反応という3つの言葉を使って説明をさせていただきました。 さて、同じような環境にあってもストレスに悩みメンタル不調になる人と、ならない人がいます。私はこれまで多くの働く人と面談をする中で、メンタルヘルス不調にならない人と、メンタルヘルス不調になってしまう人の違いに注目してきました。その結果「メンタルヘルス不調にならない人達=ストレスに上手に対処している人達」は、そもそもストレスを感じる前からの日常生活の中で、上手に3種類のセルフケアの習慣を取り入れていることがわかりました。 今回は「セルフケアの方法」について説明させていただきます。


カテゴリ   |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ストレス反応 行動化」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ