「ストレスチェック 義務化 背景」から探す!IT製品・セミナー情報

「ストレスチェック 義務化 背景」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ストレスチェック 義務化 背景」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ストレスチェック 義務化 背景」に関する特集



 労働安全衛生法という法律が改正され、今年の12月から50名以上の事業場では従業員に対してストレスチェックを行うことが義務付けられることとなった。 今回はこの「ストレスチェック義務化」の背景にある、日本企業におけるメンタル不全の現状について紹介していきたい。


カテゴリ  人事管理システム |




 2015年12月1日から施行される改正労働安全衛生法で、従業員数50人以上の事業所を持つ企業では年に1回以上、従業員に対するストレスチェックを実施することが義務化されました。この背景には、ストレスを抱えたまま働く人が多い環境が当たり前のように存在していることが挙げられます。 先日、キーマンズネットでも会員の皆さんを対象とした「ストレスチェック義務化への対応状況(2015年)」調査を実施しました。その中で、「仕事でストレスを感じていますか」という質問をしたところ、「感じている」という回答が実に8割を超える状況でした。また、多くの皆さんからフリーコメントも寄せられました。紙面の都合により全てのコメントを紹介できませんでしたので、こちらで残りのコメントも拾ってみたいと思います。


カテゴリ  人事管理システム |




 前回に引き続き「ストレスチェック義務化」の背景にある、日本企業におけるメンタル不全の現状について紹介していく。今回は、いわゆる従業員の“メンタルの問題”が企業にもたらすコストを定量的に見ていきたいと思う。 メンタルにより休職をしてしまった従業員が1人いた場合、まずその方の給与が失われる(直接的損害)。しかし企業が担うコストはそれにとどまらない。予期せぬ休職者が出た場合、上司や人事部は本人とのやり取り、主治医や産業医との相談に追われる。また休職者が担っていた業務を他のメンバーに割り振らなければならないし、そのために周りのメンバーの負担も発生する。彼らの残業も増えるだろう。 ある試算によると、年収600万円の従業員が1人“半年間”休職した時のトータルコストは、800万円超となり、休職者の年収を上回ると言われている。


カテゴリ  人事管理システム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「ストレスチェック 義務化 背景」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ