「スケーラビリティ」から探す!IT製品・セミナー情報

「スケーラビリティ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「スケーラビリティ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「スケーラビリティ」に関するIT製品情報

重複排除アプライアンス DXi6800  2013/03/31


日本クアンタムストレージ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  バックアップツール | ファイルサーバ | オンラインストレージ/ファイルストレージ | ファイル共有 | 暗号化

製品概要  業界で最高水準のスケーラビリティ/効率性/性能を提供するミッドレンジからエンタープライズのバックアップ環境に適したディスク・バックアップと重複排除ソリューション

オススメユーザー  ●大量データのバックアップを効率化したい●増え続けるデータの保護・管理にかかるTCOを削減したい…企業やデータセンタ


「スケーラビリティ」に関する特集



 インターネットの普及により、ネットワークおよびコンテンツがオープン化し、さらにここ数年は、クラウドコンピューティングの拡大がIT産業のメガトレンドとなってきている。クラウドコンピューティングの世界では、これまでの「コンピュータとその上で動作するアプリケーション」という使い方から、高速ネットワークインフラと仮想化等によるデータセンタのスケーラビリティをベースにした、「サーバとサーバからネットワークを通じて提供されるサービス」という組み合わせに大きくシフトする。これらの環境変化に伴い、セキュリティに関してもネットワークを通じた脅威が主流となっている。 しかし一方で、世の中のコンピュータには、インターネットなどのオープンネットワークにつなげる必要性のない端末、もしくはつなげてはいけない端末やクローズドネットワークが多数存在することも事実である。例えば、メーカーの製造工程での出荷前製品の検査用端末や、半導体製造装置やFA制御機器といった、特定用途に用いられている専用端末、あるいは官公庁、学校や企業内でのクローズドネットワークやオフラインコンピュータなどがそれにあたる。つまり、全てのコンピュータがインターネットなどのオープンネットワークにつながるわけではないのだ。では、このようなインターネットに接続されない端末では、セキュリティの脅威は存在せず対策の必要性もないのであろうか? 従来、オフラインの専用端末やクローズドネットワークは、インターネットにつながった端末とは違い、オープンネットワークやオープンコンテンツを利用しないため、悪意のある第三者からの攻撃や不正プログラムの脅威等に対して安全であると認識されてきた。しかしながら近年では、たとえネットワークに接続しない環境下のコンピュータでも、必ずしも安全とは言い切れなくなってきている。そこで今回は、こうしたインターネット空間とは完全に隔離されたオフライン端末に関するセキュリティ脅威を事例とともに検証し、その対策について論じていきたい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 大学や研究機関だけでなく、ビジネスの世界においてもオープンソースソフトウェア(OSS)の重要度がますます高まってきています。 OSSは今や、LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)スタックに代表されるようなWebサーバ、データベースサーバなどの主要ミドルウェアだけのものではありません。例えば、ソフトウェア開発フレームワーク、Apahe HadoopやSparkに代表されるようなデータ分析基盤、OpenStackのようなクラウドインフラ基盤、あるいはマイクロサービス間のメッセージング処理などでも活用されており、今やエンタープライズ分野での実績も多数持っています。 このように、OSSが広くエンタープライズ領域で採用されるようになってきている背景には、市場ニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境の変化に対して、エンタープライズのITシステムであっても、高いレベルでタイムリーに対応しなければならないという厳しい要件があります。  各プロジェクトのポリシーにもよりますが、OSSは世界中の技術者らが開発に参加し、常に新しい技術の取り込みやセキュリティリスクへの対処などをオープンに議論しています。また、成果は誰でもすぐに利用できます。  常に最先端のテクノロジーが実装され、日々改良が重ねられ、誰でもすぐに利用できるという特徴を備えたOSSは、昨今の変化が激しいビジネス環境で求められる、現代的なエンタープライズシステムの要件をクリアしていくためのベストな選択であると考えられているわけです。  一方でハードウェア(サーバ)はコモディティ化が進んでおり、個々のエンタープライズシステムで求められる「信頼性」「可用性」「スケーラビリティ」「セキュリティ」といった、個別の非機能要件を必ずしも満足できないという課題に頭を悩ませるケースも増えています。  やりたいことをすぐに実装できるというソフトウェアの観点と、実装した機能を安定して運用できるというシステム基盤としての観点の両立が、ビジネスの世界では非常に重要ですが、一般的なコモディティハードウェアでは後者の「安定して運用」という点では、どうしても超ハイエンドな環境と比較すると見劣りします。例えば「無停止運用」といったときに、金融機関の決済業務システムと、IAサーバの冗長構成で運用するWebアプリケーションとでは許容されるSLAのレベルが異なるのです。


カテゴリ  メインフレーム | Linux | Webアプリケーションサーバ | IaaS/PaaS | オープンソース | システムインテグレーション | DevOps



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「スケーラビリティ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ