「スキャナ保存 要件」から探す!IT製品・セミナー情報

「スキャナ保存 要件」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「スキャナ保存 要件」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「スキャナ保存 要件」に関するセミナー情報

今さら聞けない!e-文書法・スキャナ保存制度入門セミナー

共催:アルファテックス/アンテナハウス


開催日

 3月7日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  ワークフロー | スマートフォン | ノートパソコン

概要  第一部では、〜今さら聞けない電子化のイロハ〜 として、平成27年・28年連続の電子帳簿保存法施行規則改正で大幅に要件が緩和された「スキャナ保存制度」について基礎…

オススメユーザー  全社スタッフ|その他|情報システム部の統括


スキャナ保存運用を実現!事例・ソリューション紹介セミナー 締切間近

主催:NTTデータビジネスシステムズ/共催:ウイングアーク1st


開催日

 2月24日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  ワークフロー | 会計システム | BI

概要   領収書や請求書のスキャン要件緩和やデジカメ・スマートフォン読み取りなど、いわゆるスキャナ保存に関する規制が大幅に緩和されペーパーレス化への関心が高まっています…

オススメユーザー  経営者CIO|情報システム部の統括


「スキャナ保存 要件」に関する特集



税務関係書類のスキャナ保存要件が緩和された。今後、領収書や請求書の電子文書化を考える企業が増えてくるだろう。製品選びで押さえておくべきポイントは何か?


カテゴリ  文書管理 |




 「e-文書法」をご存じだろうか。これはビジネスを行う上で必要な書類を電子化し、保存するための要件をまとめたもので、会計帳簿だけでなく契約書、請求書、領収書などの電子保存が可能となるものだ。2005年に施行されたe-文書法、その要件には「スキャナが必要」「領収書は3万円以内」「改ざん防止の電子署名、タイムスタンプが必要」などの制約も多く、これまでわずか133企業のみでしか利用されていなかったという。 その会計業務における電子保存にいま、にわかに注目が集まっている。2016年1月に「スキャナ保存制度」の要件が緩和され、より簡易な方法でも電子保存が利用できるようになったのだ。


カテゴリ  文書管理 | 複合機 | その他オフィス機器関連




電子帳簿保存法における施行規則の改正で企業会計に大きな変化が訪れています。2015年に引き続き、更にスキャナ保存の要件が緩和された電子帳簿保存法のポイントについて徹底解説。経費精算が劇的に変わります!


カテゴリ  会計システム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「スキャナ保存 要件」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ