「スイカの摘心」から探す!IT製品・セミナー情報

「スイカの摘心」 に近い情報
「スイカ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「スイカの摘心」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「スイカ」に関するIT製品情報

サイトアンパイア  2017/03/07


アルプス システム インテグレーション+他

企業規模  中小企業・SOHO 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 ■標準価格 5ユーザ 3万3000円(年間・税抜)〜

カテゴリ  フィルタリング | ルーター

製品概要  ルータ一体型のURLフィルタリングサービス。ルータでの一括設定/管理で、運用の手間やコストを削減。簡単な設定と分かりやすいカテゴリで中小規模オフィスに最適。

オススメユーザー  コストをおさえてURLフィルタリングを導入したい企業。ヤマハルータを検討中の方。


「スイカ」に関する特集



これまでWordなどの編集や各機能について解説してきた「Office 365」と「G Suite」の違い。今回は、情シス視点に立ち、どちらが管理しやすいか? といった管理面を比べてみよう。


カテゴリ  オフィスソフト |




 交通カードや決済カード、電子パスポートなどに使用されるICカード(スマートカード)は、今や世界中で利用されており、我々にとって身近な存在となっている。ところが2008年6月、ヨーロッパで約1700万枚発行されている「オイスターカード」で、電子回路等を特殊な手法で解析し複製した偽造カードが使用できることが、オランダの研究者によって英国ロンドンの地下鉄で実証された。このカードは、日本におけるスイカやパスモと外観が同一の非接触ICカードだが、なぜ上記のようなケースが起こり得たのだろうか。理由としては次のようなものが挙げられている。(もちろんスイカやパスモなどには、このような脆弱性は発見されていない。)


カテゴリ  暗号化 |




 これまでの章では、攻撃者目線での犯罪市場の背景や現状、狙われているターゲットと最新の防御方法についてご紹介してきました。第三章では新たな、そして最大の脆弱性として認識されつつある“人”にフォーカスして紹介をしたいと思います。   攻撃者が圧倒的に優位な状態が続いていますが、各セキュリティベンダーや政府などの活動により、守る側の技術や体制も急速に発展しています。そして、攻撃者も同様に、強固になる守りに対して常に“一番弱く効率の良い攻撃”を研究し試し、検証を続けています。   これらのいたちごっこの中で、攻撃者は強固なセキュリティシステムの突破を狙うのではなく、最も弱く確実性の高い脆弱性をつき始めてきています。そしてその脆弱性というのが“人”なのです。   まずは、代表的な人を狙った攻撃を3つ紹介します。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | アンチウイルス | メールセキュリティ



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「スイカの摘心」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ