「シンクライアント 画面転送 帯域」から探す!IT製品・セミナー情報

「シンクライアント 画面転送 帯域」 に近い情報
「シンクライアント 帯域」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「シンクライアント 画面転送 帯域」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説シンクライアントとは?

シンクライアントとは、アプリケーションソフトや重要データを手元に蓄積しないディスクレスのクライアントのことで、最小限の機能だけを搭載し、アプリケーションはサーバにアクセスして実行する形態を取る。ただし、ハードディスクなどを搭載している通常のPCでも、シンクライアントとして利用できる仕組みも提供されているので、ローカル環境にデータやアプリケーションを格納しなければ、たとえ物理的にハードディスクが搭載されていてもシンクライアントとして利用することができる。

「シンクライアント 帯域」に関するIT製品情報

ScrewDrivers  2014/12/09


エアー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ターミナルサーバ環境用ライセンス例64bit版Terminal Serverライセンス:25万7000円(税別)※詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  プリンター | その他仮想化関連

製品概要  仮想アプリケーション(XenApp、XenDesktop、Windowsターミナルサービス等)環境での複雑なプリンタ属性と印刷遅延を解消する仮想プリンティング製品。

オススメユーザー  仮想環境での印刷に関わる諸問題(ネットワーク帯域占有、プリンタドライバの管理、シンクライアント利用等)を解決したい企業。


クライアント仮想化ソリューション Ericom  2015/12/24


アシスト

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 参考価格(税別)Ericom Connect Professional Edition:10指定ユーザ※ライセンス料:21万2000円※年間サポート料:4万8760円

カテゴリ  VDI | シンクライアント

製品概要  あらゆるデバイスにWindowsアプリ、VDI、物理PCへの接続を提供。低帯域でも快適な通信プロトコル、ブラウザをRDPクライアントとして使える機能等を備えている。

オススメユーザー  手軽かつ低コストでVDIを実施したい企業。業務アプリのWeb化、マルチデバイス対応、タブレット有効活用を検討中の企業。


「シンクライアント 帯域」に関する特集



 2016年1月14日、15日に開催された「SDN Japan 2016」のテーマの1つは、SDNやNFVといった技術を活用してどのように付加価値の高いサービスを実現していくかということだ。KDDIの兼井也寸志氏は、「SDN時代の実用ネットワーク・KDDI Wide Area Virtual Switch 2」と題したセッションの中で、そうしたサービスの一例として「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」(WVS2)を紹介した。「セキュリティ機能を実装しており、クラウドやスマートデバイスの活用を促進できるサービスになっている」ことが特徴だという。


カテゴリ  SDN | シンクライアント



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「シンクライアント 画面転送 帯域」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ