「システム ESPとは」から探す!IT製品・セミナー情報

「システム ESPとは」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「システム ESPとは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「システム ESPとは」に関するIT製品情報

エンタープライズコンテンツ管理(ECM) Vitals ESP  2017/08/26


ギャラクシーソフトウェアサービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ●Vitals ESP サーバライセンス 250万円〜●Vitals/KM サーバライセンス 250万円〜●Vitals ESP-JCI 700万円※いずれも税別

カテゴリ  ナレッジマネジメント | 社内SNS | 文書管理

製品概要  企業内コンテンツを管理、同期できるエンタープライズコンテンツ管理(ECM)プラットフォーム。ナレッジマネジメント、病院評価管理システムなども併せて提供。

オススメユーザー  蓄積されたデータの活用を促進したい企業。知的財産の蓄積、コミュニケーション活性化、技術情報の共有などを行いたい企業。


クラウド型メールサービス「OneOffice メールソリューション」  2014/10/15


TOKAIコミュニケーションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 OneOffice SPAM Filtering 1アカウントあたり月額150円(税別)など

カテゴリ  電子メール | メールアーカイブ | UTM | 認証 | アンチウイルス

製品概要  アクセス元制限、添付ファイルZIPパスワード化・WEBダウンロード化、メールアーカイブ、ウィルス・スパム対策、スマートフォン対応のWEBメール等の企業向けメールサービス

オススメユーザー  メールシステムの運用に課題を抱えている企業。メール情報管理の強化やスパム対策が急務だが、コストがかけられない企業。


iPad向け手書き入力ツール 「7notes Pad+WC」  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ライセンスコード版:初期費用 無料、1年版年額 3000円/デバイスカスタマイズ版:初期費用 50万円、1年版年額 2000円/デバイス※税別

カテゴリ  その他スマートデバイス関連 | タブレット | その他情報共有システム関連

製品概要  業務で利用するiPad上のWebアプリケーションを一切変更することなく、手書き入力を可能にするツール。ストレスのない、手書きによる日本語入力を実現。

オススメユーザー  iPadをビジネスに活用しているが、店舗、現場、外出先などでのキーボードによる入力作業に非効率さを感じている企業。


「システム ESPとは」に関するセミナー情報

CRCカード ワークショップ in 大阪 締切間近

UMLモデリング推進協議会


開催日

 5月30日(水)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  その他開発関連 |

概要   CRC (Class Responsibility Collaborator) カードは、元々オブジェクト指向の基本的な考え方を学ぶために考えられたモデリン…

オススメユーザー  システムの設計・運用|プログラマ


「システム ESPとは」に関する特集



 今回は「ITを活用しビジネスを成長させるためにはどのようなツールが必要なのか」をテーマに、前回の「Node.js」に引き続き、最新のオープンソースソフトウェア(以下OSS)ついてご紹介します。


カテゴリ  データ分析ソリューション | メインフレーム | ビッグデータ | オープンソース | システムインテグレーション | 開発ツール | DevOps




 連載の最終回にあたる今回は、昨今、特に注目度が高い「CSIRT(シーサート/Computer Security Incident Response Team)」について、当社が構築・運用している例を紹介します。 システムへの攻撃は、当たり前ですが「弱点を狙う」のが常套手口です。OSやアプリケーションに既知の脆弱性があれば、そこがピンポイントで狙われる危険性が高いです。こうした攻撃に対処するためには、脆弱性情報や攻撃予兆情報に常に注意を払い、最新の情報を迅速に入手して社内で共有・分析し、必要な対応をできるだけ短時間で実施することが求められます。事前に対応方針や対応手順を策定しておくことも必要です。このような作業の中心的な役割を果たすのがCSIRTです。 情報セキュリティ委員会等はすでに組織化されていても、インシデント・レスポンスの迅速化やインシデント発生予防の視点では業務が必ずしも整理されてこなかった企業も多いのではないでしょうか。とはいえ最近の脅威傾向を考えると、CSIRT機能の見直しと整備がすべての企業にとって急務となっていることは間違いありません。第4回目ではcloudpackが公開しているホワイトペーパー「Security White Paper」にある「脆弱性情報に対する対応」について紹介します。


カテゴリ  IaaS/PaaS | アンチウイルス


「システム ESPとは」に関するニュース



 VESPERは、飲食店向けに、海外客に対応したネット予約・顧客管理システム「TableSolution」のモバイル版を刷新し、約30の機能を順次追加する。今回の刷新により、本システムのさまざまな機能を、PCやタブレットでの利用時と同様にスマートフォンでも利用可能となる。これにより、席数の限られた小さな店や、PCやタ…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他スマートデバイス関連




 ココペリは12月5日、税理士事務所向けのタスク・顧客管理システム「SHARES PRO」に、生産性分析機能を追加した。本システムでは、AI(人工知能)が顧客情報や財務データを分析し、自動的に税務タスクを発見、通知する。また、顧問先とのやりとりを効率的に管理するタスク管理機能を備え、顧客情報とタスクを一元管…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他情報共有システム関連 | その他データ分析関連




 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、基幹系特化型クラウド「CUVICmc2」上で、サイオステクノロジーが提供する高可用性ソリューション「SIOS Protection Suite Linux v9 EE」(SPS-EE)の提供を開始する。ライセンス価格は最小構成で月額30万円から。CUVICmc2は、「SAP S/4HANA」などの基幹系システムに特化…


カテゴリ  IaaS/PaaS | その他基幹系システム関連 | その他バックアップ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「システム ESPとは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ