「システム リフォーム 運用 エンジニア」から探す!IT製品・セミナー情報

「システム リフォーム 運用 エンジニア」 に近い情報
「システム 運用 エンジニア」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「システム リフォーム 運用 エンジニア」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「システム 運用 エンジニア」に関するIT製品情報

SAP運用サポート「ASCサービス」  2015/09/14


日鉄日立システムエンジニアリング

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  運用系業務アウトソーシング | その他基幹系システム関連 | システムコンサルティング

製品概要  SAPの運用保守アウトソーシングサービス。必要工数が1人月未満といった小さなニーズから、システム全般の安定稼働を徹底させるフルサポートまで幅広いメニューを用意。

オススメユーザー  SAPを自社運用していて、担当者のスキルや運用体制に不安がある企業。運用保守に関する作業量が毎月一定でない企業など。


統合電子帳票基盤パッケージ Paples/パピレス  2016/03/01


日鉄日立システムエンジニアリング

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 150万円(税別)〜

カテゴリ  電子帳票システム | ERP | 生産管理システム | 帳票管理システム | 文書管理

製品概要  帳票の作成から取り込み・電子保管・活用・出力までの機能をオールインワンで備えた電子帳票基盤パッケージ。様々なシステムの帳票をペーパーレス化し各種法令対応も。

オススメユーザー  帳票のペーパーレス化・帳票活用・電子配信、帳票管理・運用の効率化、電子帳簿保存法対応を検討している企業。


全銀TCP/IPアダプタ BroadZT  2016/02/15


システム・エンジニアリング・サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  特定業種向けシステム | メインフレーム | ネットワーク管理 | アクセス解析

製品概要  全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。

オススメユーザー  全銀ベーシック手順でデータ交換をしている企業。EDIのIP化を検討している企業。富士通ホストの運用・構築を行なっているSIer。


「システム 運用 エンジニア」に関するセミナー情報

Ruby入門講座(エパノ プログラミング スクール) 締切間近

エパノ プログラミング スクール/運営:オフィス24


開催日

 12月15日(木)〜12月16日(金)

開催地 東京都   参加費 5万8968円(税込)


カテゴリ  開発言語 |

概要  すでにJava等の何らかの言語でエンジニアとして活躍されている方を対象にRubyの特徴的な部分に注目しながら文法を学ぶことができます。「Rubyの入門コースを受…

オススメユーザー  プログラマ|システムの設計・運用


【12/14開催】エンジニアのための交渉力アップ講座 締切間近

エパノ プログラミング スクール/運営:オフィス24


開催日

 12月14日(水)

開催地 東京都   参加費 2万5000円(税込)


カテゴリ  開発言語 |

概要  「交渉」に関して最新の基礎理論を理解しビジネスの場においてのコミュニケーションのあり方を学びます。講義では基礎理論にもとづき具体的にどのように交渉をすすめていく…

オススメユーザー  プログラマ|システムの設計・運用


Ruby入門講座(エパノ プログラミング スクール)

エパノ プログラミング スクール/運営:オフィス24


開催日

 1月16日(月)〜1月17日(火)

開催地 東京都   参加費 5万8968円(税込)


カテゴリ  開発言語 |

概要  すでにJava等の何らかの言語でエンジニアとして活躍されている方を対象にRubyの特徴的な部分に注目しながら文法を学ぶことができます。「Rubyの入門コースを受…

オススメユーザー  プログラマ|システムの設計・運用


「システム 運用 エンジニア」に関する特集



第一回で挙げた3つの立場ごとに課題と解決について解説していく。まずは直接システム運用作業を行う現場担当だが、現場担当の作業は高度化しており、負荷や責任が高まっている。オペレーターという言葉からオペレーションエンジニアや運用SEなどのように呼称が変化しているケースもある。属人的な運用は良くないと言われ続けているが、「運用でカバーする」 という言葉が無くならないように、現場担当の負担は軽くなっていない。オペレーションミスによる重大障害も度々ニュースになり、現場担当としては気の抜けない作業を毎日強いられている。一昔前の職人技の世界に比べるとかなり自動化も進んでいるものの、人の関与が必要な中途半端な自動化がかえって被害を大きくする場合もある。


カテゴリ  その他運用管理関連 |




 2009年「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に選ばれたのは、「政権交代」だそうだが、コンピュータウイルスの世界では、2005年頃にすでに政権交代がおこなわれている。すなわち、「アウトブレーク型」攻撃手法から「Webからの脅威」への攻撃手法の交代だ。「アウトブレーク型」の攻撃手法では、多機能な不正プログラムが単発でユーザの元に届き感染被害を及ぼすのに対し、「Webからの脅威」では、HTTPの通信を使用し、比較的単機能な不正プログラムが連続的に送り込まれてくる。一度、きっかけとなる不正プログラムに感染すると、次々に未知の亜種、新種がダウンロードされ、なかなか感染の連鎖から抜け出せない攻撃手法である。また、昨今では、ダウンローダに加え、オペレーティングシステムやアプリケーションの脆弱性の悪用、正規Webサイトの改ざん、USBワーム、ソーシャルエンジニアリング等々、さまざまな手法を巧妙に組み合わせ、ユーザのウイルス感染被害を狙うものが増えてきている。 これにともない、ウイルス対策についても、最新のウイルスパターンファイルの適用だけでなく、Webアクセスコントロール、セキュリティ更新プログラムの適用、システム運用の見直し等、実施すべき対策が増えているのが実情だ。 新しい1年が始まったが、昨今の不正プログラムの傾向はどのようになっているのだろうか。2009年の不正プログラムの攻撃について振り返ってみたいと思う。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 昨今、石油関連企業や国際的金融機関、米国のインターネット関連企業やセキュリティ企業を標的とした攻撃が相次いで発生している。これらの攻撃は、ソフトウェアの脆弱性を悪用し、複数の既存攻撃やソーシャルエンジニアリングを組み合わせており対応が難しく、執拗なサイバー攻撃と言われている。 このような攻撃に対して、IPAは2010年12月に「IPA テクニカルウォッチ:『新しいタイプの攻撃』に関するレポート」を公表した。その後、これらの「新しいタイプの攻撃」への対策の提案として、2011年8月に「『新しいタイプの攻撃』の対策に向けた設計・運用ガイド」を公表した。 本ガイドでは、「『新しいタイプの攻撃』に関するレポート」で紹介した攻撃や対策の詳細情報として、従来行われているウイルス対策ソフトやファイアウォールなどでの対策では完全には防御しきれない点や、ウイルスに感染したとしても組織の知的財産や個人情報などの重要情報を窃取される事態を避ける方法について、重点的に記載している。ここでは本ガイドに記載している新しいタイプの攻撃の説明と、新しいタイプの攻撃への対策について3回にわたって紹介する。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「システム 運用 エンジニア」に関するニュース



 ジェイティ エンジニアリング(JTE)は、工場、店舗、電力・太陽光、都市ガス、河川・簡易水道、駐車場、ビル・マンションなど向けに、遠隔監視システムを低コスト・スピーディに構築するIoTクラウドプラットフォーム「JoySmart View」を発売した。「JoySmart View」では、遠隔地(多拠点)の情報を一元管理できる…


カテゴリ  その他基幹系システム関連 | その他運用管理関連




 東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は、スマートデバイスを活用して製造現場のデジタル化を支援する「RAKU-Pad」の新版の提供を10月20日に開始する。紙やExcelで運用されていた帳票をそのままタブレット上の電子帳票にできるようになった。iPadに加えWindowsタブレットにも対応する。データ入力機能を刷新し…


カテゴリ  特定業種向けシステム | 電子帳票システム | その他データ分析関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「システム リフォーム 運用 エンジニア」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ