「サーバー運用 解析 AI」から探す!IT製品・セミナー情報

「サーバー運用 解析 AI」 に近い情報
「解析 AI」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「サーバー運用 解析 AI」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説サーバーとは?

ここで取り上げている「サーバー」は、コンピュータネットワーク上でほかのコンピュータ(クライアント)に対して、各種サービスを提供したり、データ共有などを許可するコンピュータのことを指す。サーバーの種類には「PCサーバー」「UNIXサーバー」「メインフレーム」などがあり、特定の機能を持ったサーバーは「Webアプリケーションサーバー」「データベースサーバー」「ファイルサーバー」などといったものがある。サーバーに搭載されるOSは「サーバーOS」と呼ばれ、「UNIX」「Windows Server」「Linux」などといった種類があり、それぞれ特長があって用途によって選択される。またサーバー運用にあたっては、「KVMスイッチ」や「UPS(無停電電源装置)」といった周辺機器の存在も重要である。

「解析 AI」に関するIT製品情報

メール配信システム MailPublisherシリーズ  2016/03/15


エクスペリアンジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 初期費用 5万円 (税別)月額 1万7000円 (税別)〜

カテゴリ  電子メール | その他メール関連 | メールセキュリティ | ネットワーク管理

製品概要  大手企業を中心に累計5300社超の取引実績、月間配信実績51億通の国内トップシェアのメール配信ASP。高性能の配信エンジンとエラー解析モジュールによる高い到達率を実現。

オススメユーザー  既存会員へのメール配信、新規会員の獲得、メールマーケティング、キャンペーンなどでメール配信性能の向上を検討する企業。


「解析 AI」に関する特集



歴史が古く、よく使われるファイル転送プロトコルFTPは身近な存在。パケット解析をもとに、その仕組みと特徴を徹底解説します。


カテゴリ  EAI |




AIは業務どうを変えるのか。富士通がAI「Zinrai」を活用し、川崎地質とともにレーダー画像を解析して地面の空洞を検知した事例ほか、2017年5月の「富士通フォーラム2017」内覧会で紹介された実例を見ていきたい。


カテゴリ  データ分析ソリューション | 特定業種向けシステム | 文書管理 | ビッグデータ


「解析 AI」に関するニュース



 ハンモックは、人工知能(AI)でマルウェアを解析できる未知の脅威対策製品「AssetView W」と、脆弱(ぜいじゃく)性情報の収集からパッチ適用までを効率的に行える製品「AssetView P」を2017年春に発売する。AssetView Wは、1日約30万件のマルウェア解析をAIで実施し、蓄積する「振る舞い検知」機能で未知の脅威…


カテゴリ  アンチウイルス | その他運用管理関連




 富士通九州システムズ(FJQS)は、設計者向けに、複数の物理現象を統合的にシミュレートするマルチフィジックスの解析ソフトウェア「ANSYS AIM」を6月下旬に発売する。サイバネットシステムが提供する本ソフトウェアは、CAE「ANSYS」のテクノロジーをベースに、設計から解析、結果評価までを統合した1つの操作環境…


カテゴリ  特定業種向けシステム |




 エムオーテックスは、ラックと協業し、サイバー攻撃リモート解析サービス「インシデント マネジメント サービス」の提供を4月25日に開始する。本サービスは、MOTEXのIT資産管理・情報漏えい対策ツール「LanScope Cat」のオプション機能であるAIアンチウイルス「プロテクトキャット Powered by Cylance」のユーザ…


カテゴリ  アンチウイルス | セキュリティ診断



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「サーバー運用 解析 AI」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ