「サーバ 監査 ソフトウェア」から探す!IT製品・セミナー情報

「サーバ 監査 ソフトウェア」 に近い情報
「サーバ 監査」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「サーバ 監査 ソフトウェア」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「サーバ 監査」に関するIT製品情報

Shell Control Box (SCB)  2016/05/09


ジュピターテクノロジー

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 バーチャルアプライアンス:325万円〜アプライアンス(T1):468万円〜※初年度サポート費用別※税別

カテゴリ  統合ログ管理 | 検疫 | サーバー管理 | ネットワーク管理 | アクセス解析

製品概要  サーバー・PCの操作を監視し、操作画面を記録・検索・再生。画面記録は完全な監査証跡となり、コンプライアンス・監査対策に最適。バーチャルアプライアンスも選択可能。

オススメユーザー  内部不正による情報漏洩対策を検討している企業社内機密情報へのコンプライアンス及び監査目的のセキュリティ対策が必要な企業


ユーザアクティビティ監視「ObserveIT」  2016/05/01


ジュピターテクノロジー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 管理サーバ導入費用:260万円※初年度サポート費用別※税別

カテゴリ  統合ログ管理 | データ分析ソリューション | フォレンジック | サーバー管理

製品概要  「ObserveIT」は、サーバにおけるユーザセッションのビデオ記録/ビデオ解析のためのテキスト監査ログの生成/レポート化などを実行するモニタリングツール。

オススメユーザー  サーバ上で『誰が・いつ・何に・どんなことを行ったか』を正確に把握したい企業。迅速な監査対応を行いたい企業。


メール監査・メールアーカイブシステム「MailBase」  2012/07/15


サイバーソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 100アカウント200万円〜※税別

カテゴリ  メールアーカイブ | リモートアクセス | データベースソフト | データ検索ソフト | 認証 | サーバー管理

製品概要  添付ファイルを含む、社内外との送受信メールをすべてアーカイブ可能。高速検索により、迅速なメール閲覧が行える。

オススメユーザー  監査対応のため、メールアーカイブ製品の導入を検討中の企業。信頼性の高いメールアーカイブ製品を探している上場企業。


IT統制・統合ログ管理システム 「WEEDS」  2014/12/15


ウイーズ・システムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  統合ログ管理 | データベースソフト | 検疫 | 暗号化 | データ分析ソリューション | サーバー管理

製品概要  情報システムのデータベースアクセスログ、サーバ操作ログを統合管理し、不正抑止、事後追跡、自動監査などを実現する統合ITコントロール基盤ログ管理システム。

オススメユーザー  IT統制におけるアクセス監査の精度を高め、情報漏洩対策、不正アクセス検知などセキュリティを万全にしたい金融機関、企業など。


ファイルサーバアクセス統合管理製品『Varonis DatAdvantage』  2016/06/10


ノックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 定価140万円〜(税別)

カテゴリ  サーバー管理 | オンラインストレージ/ファイルストレージ | 認証 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  ファイルサーバのアクセス権限を統合的に管理できるファイルサーバアクセス統合管理製品。アクセス制限の棚卸し、可視化、監査、ファイルサーバ運用の効率化を実現する。

オススメユーザー  ファイルサーバで取り扱われるデータ量が増え、正しくアクセス権限を管理できていない企業。情報漏洩を防ぎたい企業。


「サーバ 監査」に関するセミナー情報

ID棚卸の自動化を実体験! ID棚卸キットハンズオンセミナー

主催:アシスト


開催日

 1月11日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  ID管理 | セキュリティ診断 | フォレンジック

概要  ID棚卸に多大な工数をかけていませんか?各サーバーOS、業務システムに存在する固有のID情報を把握するにはIDの棚卸が必要です。この作業は、監査の指摘事項にもな…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


「サーバ 監査」に関する特集



 前回の説明から分かるように、「DigiNotarの重過失とも言える運営管理とオランダ監査機関の対応の不備が、Comodo Hackerという有能な攻撃者につけ込まれ、ルートCAの発行機能を完全に乗っ取られたあげく、不正SSLサーバ証明書を発行した」事件は、インターネットセキュリティにおける抜群のニュースバリューがあるだろう。それはWebTrust for CAを取得しているルートCAの信頼性に関わることだからである。 それでは今回の事件は、実際にSSL/TLSを使う観点から見たらどのような影響を与えるものなのであろうか。本最終号では、影響について見ていくこととしたい。


カテゴリ  認証 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「サーバ 監査 ソフトウェア」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ