「サーバ バックアップ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「サーバ バックアップ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説サーバとは?

ここで取り上げている「サーバ」は、コンピュータネットワーク上で他のコンピュータ(クライアント)に対して、各種サービスを提供したり、データ共有などを許可するコンピュータのことを指す。サーバの種類には「PCサーバ」「UNIXサーバ」「メインフレーム」などがあり、特定の機能を持ったサーバは「Webアプリケーションサーバ」「データベースサーバ」「ファイルサーバ」などといったものがある。サーバに搭載されるOSは「サーバOS」と呼ばれ、「UNIX」「Windows Server」「Linux」などといった種類があり、それぞれ特長があって用途によって選択される。またサーバ運用にあたっては、「KVMスイッチ」や「UPS(無停電電源装置)」といった周辺機器の存在も重要である。

「サーバ バックアップ」に関する記事情報

何ペタまで自力でバックアップするつもり? 巨大化するファイルサーバは「自前で運用しない」 : IT導入完全ガイド:

止められない業務データを格納しているファイルサーバ。増える一方のデータを、どこまで自前で運用し続けられるのか? ストレージ拡張以外のファイルサーバ置き換え案を考える。

サーバ仮想化ソフトの導入状況(2013年) : IT担当者300人に聞きました:

IT担当者312人に聞いた、導入状況、導入目的、導入しない理由は? 「バックアップが不安」といった不満の声もあり、実態が明らかに。

「サーバ バックアップ」に関するIT製品情報

膨れ上がったバックアップ時間を40分の1に、山形銀行が仮想化基盤で変えたこと

株式会社日立製作所

サーバ運用を早くから仮想化で効率化してきた山形銀行。だが、仮想化対象のシステムが増加するにつれバックアップが長期化し、リソースの枯渇という懸念も持ち上がった。FinTechへの対応もにらみ、同行が選んだ新たな仮想化基盤とは。

“無停止”の教務システムを実現、国際基督教大学のバックアップ環境刷新術

arcserve Japan合同会社

国際基督教大学ではBCP対策を含めサーバを仮想化環境へ移行したが、バックアップによるシステム停止やストレージの容量不足が課題となった。仮想化基盤の再構築を機に“無停止バックアップ体制”を構築した、同大学の取り組みに迫る。

“統合管理コンソール”で複数サーバのバックアップ状況をらくらく一元管理

株式会社ネットジャパン

ビジネスデータのバックアップは必須業務だが、“統合管理コンソール”があれば その管理効率はぐんと向上する。バックアップソリューションで実績を持つ信頼の 国内ベンダーが自社開発した一元管理ツールの魅力に迫る。

メールデータ復旧がわずか20分、甲南女子大学に学ぶバックアップ運用の効率化

arcserve Japan合同会社

複数サーバをバラバラに運用していたことから、バックアップに課題を抱えていた 甲南女子大学。同大学では、他のサーバから独立して利用できるバックアップアプ ライアンスの導入でデータ復旧を迅速化。大幅なコスト削減も実現したという。

約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術

arcserve Japan合同会社

芋焼酎「霧島」で知られる霧島酒造は、クラウドや本社サーバ室で稼働する約45台 のサーバのBCP運用コストに頭を悩ませていた。そこで、バックアップ製品を導入 した同社は、ある興味深い方法で仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した。

「サーバ バックアップ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。