「サイレント障害 検知 ソリューション」から探す!IT製品・セミナー情報

「サイレント障害 検知 ソリューション」 に近い情報
「検知 ソリューション」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「サイレント障害 検知 ソリューション」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「検知 ソリューション」に関するIT製品情報

NX NetMonitor+FireEye NX連携ソリューション  2016/04/22


日立ハイテクソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 個別見積りとなります。詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  IPS | その他ネットワークセキュリティ関連

製品概要  マルウェア対策製品「FireEye NX」と不正PC監視/強制排除製品「NX NetMonitor」の連携により、標的型サイバー攻撃の検知と感染した端末の排除を自動化するソリューション。

オススメユーザー  標的型サイバー攻撃の検出から遮断までを自動化して迅速に対応したい企業。インシデント検出時の運用を効率化したい企業。


テキストマイニングソリューション TRUE TELLERテキスト解析API  2015/03/31


野村総合研究所

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 50万円/コア(税別)

カテゴリ  データ分析ソリューション | コールセンター/CTI | ビッグデータ | ソーシャルメディア分析 | その他データ分析関連

製品概要  600社以上の企業に導入されているテキストマイニングソリューション「TRUE TELLER」のリアルタイム版。API化によってプログラミングすることなく他システムとの連携が可能。

オススメユーザー  自社製品の不具合や、従業員のコンプライアンス違反などの早期発見・検知を効率的に行いたい企業。


サイバー攻撃(DDoS攻撃)対策ソリューション 「ARBOR Pravail APS」  2014/11/11


アーバーネットワークス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | IDS | アンチウイルス

製品概要  世界の主要サービスプロバイダの多数で採用されているDDoS防御ソリューション。企業へ入ってくるインターネット・トラフィックから自動的にDDoSを検知し攻撃を無力化する。

オススメユーザー  世界を揺るがす「DDoS」の脅威から、自社のネットワーク・データセンタなどを守りたい企業。


パフォーマンス管理ソリューション Riverbed SteelCentral  2015/08/25


リバーベッドテクノロジー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  パフォーマンス診断 | サーバー管理 | ネットワーク管理

製品概要  ネットワーク機器の分析とコラボレーション機能を搭載したパフォーマンス管理ソリューション。迅速なトラブルシューティングとネットワーク可用性の向上を支援する。

オススメユーザー  ネットワークやアプリケーションのパフォーマンス上の問題をサービス停止前に検知し、サービスを円滑に運用したい企業。


SecureSoft Sniper IPS シリーズ  2013/12/01


キヤノンITソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 180万円〜 税別

カテゴリ  UTM | IPS | ファイアウォール | IDS | 検疫 | ネットワーク管理

製品概要  ネットワークを通過するパケットを繊細に分析。パケットが分割された不正アクセスをも検知し、防御するIPS(不正侵入検知/防御)アプライアンス。

オススメユーザー  標的型攻撃など、増加する様々な不正アクセス対策を、スループットを落とさず的確に行いたい企業。


「検知 ソリューション」に関する特集



 サイバースパイ行為の脅威は、昨今の報道から誰もが知るところだ。この脅威に対し、今組織として何を実施しなければならないのか整理しておく必要がある。前回までは、サイバースパイ行為の巧妙化と課題について述べた。少々乱暴だが、新たにセキュリティ対策機器を導入するだけでは防御は難しいと言わざるを得ない。そのため、現在のセキュリティ対策には、セキュリティに関する運用面でのフォローが重要となる。 セキュリティ運用といっても、セキュリティ機器の運用、パッチマネジメント、ウイルス対策ソフトウェアの定期スキャンなど様々である。多くのセキュリティ運用は、事案が発生していないことを前提とした事前対策に対するものだ。サイバースパイ行為は、これらの事前対策だけでは防御が難しい。そのため、既に被害を受けていることを前提にした対策が必要となる。 事後対策にはいくつかの方法が考えられる。例えば、「被害の早期発見」や「被害の軽減」などが一般的だ。前者は「サーバや通信のログ分析」、「IPS/IDS、振る舞い検知型のセキュリティ製品」などがある。また、後者は「暗号化」や「ファイルのアップロード制限」などがある。いずれも、一定の効果は見込めるが、被害を早期に発見するためにもログ分析は確実に実施しておきたい。また、被害の軽減に関しては、新たな技術も登場しており、資産の重要度と合わせて検討していきたい。


カテゴリ  データ分析ソリューション |


「検知 ソリューション」に関するニュース



 株式会社日立製作所(日立)は、情報システム内で標的型サイバー攻撃の拡散を検知するソリューションの提供を6月30日に開始する。今回提供されるソリューションは、情報システムに侵入したマルウェアの標的型サイバー攻撃を自動で検知する。攻撃者のマルウェアが起こす“不審なふるまい”と、端末やサーバー装置を…


カテゴリ  IPS | アンチウイルス




 富士通は、下水道事業者向けに、ゲリラ豪雨などに起因する被害の軽減を目的にした「下水道氾濫検知ソリューション」の提供を開始した。下水道氾濫検知ソリューションでは、水位情報を収集するセンサーを下水道のマンホールに設置し、無線通信で5分ごとの水位情報をクラウド上に収集する(基本設定は、雨天時5分ごと…


カテゴリ  特定業種向けシステム |




 アズジェントは、ネットワークを巨大な迷宮にすることで、重要情報の漏えい防止を図るサイバー攻撃対策ソリューション「illusive Deceptions Everywhere」に、新機能としてランサムウェアの検知・防御機能を追加し、発売する。illusiveは、端末やサーバのメモリキャッシュに、実際には存在しないFTPサーバやDBサー…


カテゴリ  IPS | IDS | 暗号化



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「サイレント障害 検知 ソリューション」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ