「サイバー SNS 漏洩」から探す!IT製品・セミナー情報

「サイバー SNS 漏洩」 に近い情報
「サイバー SNS」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「サイバー SNS 漏洩」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「サイバー SNS」に関する特集



 最終回となる今回は、サイバー攻撃とSNSの関係について考察する。「SNS」と「サイバー攻撃」・・この2つの言葉に関連性を見出すのは難しいと思われる方も多いかも知れないが、実は悪意のある攻撃者はサイバー攻撃を仕掛ける初期の段階で、このSNSを利用しているという現実がある。特にこのサイバー攻撃について、特定の企業、団体をターゲットとしたものを標的型攻撃、英語ではAPT(Advanced Persistent Threat)と呼んでいる。  日本企業が狙われた標的型攻撃の例としては、2011年のソニープレイステーションネットワークの不正侵入事件がある。この事件では7700万件におよぶ個人情報が流出し、さらに1000万件のクレジットカード情報が流出した可能性があると見られている。被害総額は2兆円にのぼるとも言われ、非常に大きなニュースとなった。更に、日本の防衛関連企業数社が同時多発的に攻撃を受け、世間を騒がせた。


カテゴリ  ID管理 | 統合ログ管理




シマンテックでは、年に1回、世界全体におけるインターネット上の脅威活動について傾向をまとめた「シマンテック インターネットセキュリティ脅威レポート」を発行しています。これは、全世界157の国や地域の6900万件を超える攻撃センサーによって収集された膨大な検出情報に基づき、シマンテックのアナリストがフィッシング、マルウェア、その他サイバー攻撃などの傾向を分析し、まとめたものです。米国で2013年4月15日に発表された最新号では、標的型攻撃にいたっては対前年比42%、モバイルマルウェアにいたっては対前年比58%と、注目を集めるサイバー攻撃手法が増加傾向にあることを示しています。また、主に米国およびヨーロッパ各国を中心に年間推定500万ドルの被害をもたらし、猛威をふるっているランサムウェアについても解説をしています。今回は、本レポートの最新版より、セキュリティ脅威の顕著な傾向をお届します。


カテゴリ  フィルタリング | ソーシャルメディア分析




 フィッシングは、インターネットを介した様々な攻撃の中でも、詐欺に相当するサイバー犯罪の1つの手口として捉えられることが一般的である。標的とされるものは、例えば銀行のオンラインバンキングに使用する認証情報やクレジットカード番号など、オンライン決済サービスに関する情報など、金銭に関わるものが多い。ただ、これは従来の話(かつ現在も継続している)であって、近年においてはSNSやポータルサイトにログインするための認証情報やISPが運営するWebメールサービスへの認証情報、変わったところでは航空会社が運営するマイレージプログラムへのログイン情報など、その標的は広がってきていると言える。直接金銭に関わるサービスから間接的に金銭に関わるかもしれないものへと、その対象が広がってきていると言えよう。取り違えのないよう再度念を押すと、標的となる対象が時間の経過と共にシフトしてきているのではなく、従来型の金銭狙いのものは根強く残っている中で、新たな攻撃対象に触手が広がっているという捉え方が妥当であろう。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「サイバー SNS 漏洩」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ