「サイト セキュリティ 費用」から探す!IT製品・セミナー情報

「サイト セキュリティ 費用」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「サイト セキュリティ 費用」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「サイト セキュリティ 費用」に関するIT製品情報

モバイルWebブラウザアプリ 「CLOMO SecuredBrowser」  2017/03/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 初期費用:1万9800円/契約月額費用:ライセンス 250円/デバイス     基本利用料 2100円/契約※税別

カテゴリ  フィルタリング | その他スマートデバイス関連 | メールセキュリティ | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  「CLOMO SecuredBrowser」を利用することで、業務外サイトの閲覧制限や操作・閲覧履歴の取得、一括ポリシー設定などが可能。モバイルのセキュリティを手間なく強化できる。

オススメユーザー  スマートデバイスのサイト閲覧を制限し、セキュリティを強化したい企業の管理担当者。


Web Security Suite  2012/12/01


三和コムテック

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 【エントリー価格】初期費用 14万8000円(税別)月額費用 17万7000円(税別)※最大スループット100Mbps、保護対象サーバは2台まで

カテゴリ  WAF | セキュリティ診断 | その他ネットワークセキュリティ関連 | ネットワーク管理 | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  Webシステムの脆弱性を発見するクラウド型脆弱性診断サービス、次世代WAFとそのメンテナンスサポートをセットで提供。

オススメユーザー  Webサイトの安全性を高めたい企業。コストや運用負荷がかかるため、Webセキュリティ対策、特にWAFの導入をあきらめていた企業。


Webサイト構築プラットフォーム「RCMS」  2017/02/16


ディバータ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ■SaaSプラン初期費用:4万円 / 月額費用:1万円■インストールプラン初期費用:120万円 / 年間利用料:25万円 ※すべて税別価格

カテゴリ  CMS |

製品概要  豊富な標準機能が強みの国産CMS。コーポレート、求人、情報配信、EC・ポータルなど、多岐に渡るサイトの構築・運用管理を得意とし、2000社以上への導入実績がある。

オススメユーザー  セキュリティレベルが高く、大手企業や金融機関への導入実績もある商用CMSを低コストで利用したい企業。


リモートデスクトップサービス 「Soliton SecureDesktop サービス」  2017/03/23


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■スタンダードプラン初期費用:3万円 /サイト月額費用:1万円 /10ユーザー※年額費用の場合は12万円 /10ユーザー※税別

カテゴリ  リモートアクセス | タブレット | スマートフォン | 認証

製品概要  テレワーク、モバイルワークの安全・快適な環境を手軽に実現する高セキュリティのリモートデスクトップサービス。

オススメユーザー  社員のモバイルワークや在宅勤務などのテレワークを推進している企業。セキュアな環境を手間をかけずに完備したい企業。


リモートアクセスサービス 「Soliton SecureBrowser サービス」  2017/03/23


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■クラウドプラン(クラウドWebアプリ)初期費用: 10万円 /サイト月額費用: 3万円 /100ユーザー※年額費用は36万円 /100ユーザー※税別

カテゴリ  リモートアクセス | タブレット | スマートフォン | 認証

製品概要  VPN機能内蔵のセキュアブラウザにより、「社内へのリモートアクセス環境」「クラウドアクセスのセキュリティ強化」「端末からの情報漏えいの防止」の3つを同時に実現。

オススメユーザー  クラウドでもイントラネットでも、社員のセキュアなWebアクセスを手間なく実現したい企業の管理者。


「サイト セキュリティ 費用」に関する特集



 Webブラウザを利用したサービスが多様になり、情報のやり取りが簡単になっただけに、ハッキング攻撃にさらされる危険性も高まっており、暗号化通信は不可欠な要素になった。暗号化通信は、HTTPSプロトコルを使用することで実現できるが、HTTPSプロトコルを使用するためには、認証機関(CA:Certificate Authority)からSSL認証書の発行をしなければならない。しかし、費用に対する負担と複雑な認証プロセスなどにより、発行率は低いのが現実である。  2016年5月に東京証券取引所市場第1部に上場した主要企業を対象に、日本のWebソリューション会社であるAtlas21が実施した調査によると、Webサイトの全ページに暗号化通信を適用しているHTTPS完全対応率は1%で、世界の主要企業が17%であることに比べ、かなり低い数値を記録した。 つまり、ほとんどのWebサイトでSSL/TLSが適用されておらず、セキュリティの最も基本である暗号化通信も保障できていない状況ということだ。


カテゴリ  Webアプリケーションサーバ |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「サイト セキュリティ 費用」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ