「コールセンター 課題」から探す!IT製品・セミナー情報

「コールセンター 課題」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「コールセンター 課題」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説コールセンター/CTIとは?

CTI(=Computer Telephony Integration)は、コンピュータと電話を統合的に扱うためのテクノロジーで、コールセンタやヘルプデスクなど、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用されている。従来CTIの導入に当たっては、PBXをコールセンタごとに設置する必要があったが、その後PBXが不要なunPBXタイプやソフトスイッチタイプのソリューションが登場した。

「コールセンター 課題」に関するIT製品情報

顧客開拓支援システム「じゃんじゃんコール受付名人」  2012/09/15


日比谷コンピュータシステム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ■サービス利用料金ライトプラン:3000円/月・1回線〜スタンダードプラン:2万円/月・1回線〜■初期設定費:ともに2万円※税別

カテゴリ  コールセンター/CTI | データ分析ソリューション | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  クラウド型CTI(Computer Telephony Integration)サービス標準で顧客情報のPCポップアップ・通話録音機能・自動音声案内の3大機能を提供し、コストを抑えた導入・運用が可能

オススメユーザー  「電話受付業務を効率化したい」「電話対応情報を簡単に蓄積・参照したい」など、電話受付業務に関する課題を解決したい企業


「コールセンター 課題」に関する特集



 「第12回:保管と廃棄」から約1年が経過してしまいました。既にマイナンバーの収集を完了し、利用を開始している企業も少なくないと思います。 この間、マイナンバーの利用が義務付けられている範囲はやや縮小し、実務に即したものになってきました。例えば1年前には、年末調整に用いる扶養控除等申告書にマイナンバーを記載することが義務付けられていました。しかし現在では、一定の条件を満たせばその義務は免除されています。 今回のマイナンバーのリアルでは、マイナンバーの利用に関する課題を解説します。第13回は「既に開始されている利用」についてです。具体的には、雇用保険、健康保険、持株会と財形貯蓄、年金基金に関係するマイナンバーの利用についての解説になります。 マイナンバーの運用については今後とも多くの変化が予想されますので、最新情報の確認は怠らないようにしてください。疑問や悩みがあれば、マイナンバーコールセンター(0120-95-0178)へ電話してください。


カテゴリ   |


「コールセンター 課題」に関するニュース



 りらいあコミュニケーションズ(Relia)は、コンタクトセンター起点の顧客ロイヤリティー向上プログラムサービス「Relia CX Program」の提供を開始した。Relia CX Programは、顧客、サービス実行者、運営の現状という3つの視点で課題を可視化・分析し、企業の成長ステージに合わせた解決策を導くサービス。顧客に…


カテゴリ  コールセンター/CTI | システムコンサルティング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「コールセンター 課題」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ